FC2ブログ

2020-01

文藝春秋digital「新・現代官僚論」⑥「今井チルドレン」

 本日アップした文藝春秋digital「新・現代官僚論」は今井尚哉首相補佐官兼政務秘書官に連なる経産官僚の面々の一人、佐伯耕三さんをクローズアップしました。

GDP600兆円にしろ、年率2%の物価上昇にしろ、これまで官邸主導で打ち出してきた政策に実現性があるのかどうか、甚だ疑わしいが、私自身、何度も書いてきたように、突き詰めれば、官邸官僚たちの目的はそこではない。彼らの命題は、できる限り長く政権を守ることにあり、そのために内閣支持率を一定以上に保っておく必要があると考えている。
わけても安倍政権の広報マンを自任している政務秘書官の今井尚哉は、内閣の政策PRに躍起になってきた。2018年春にインタビューしたとき、自信満々にこう語った。
「総理官邸では経産省から来る事務秘書官が広報担当になるので、僕はもともと第1次政権のときからそこにかかわってきました。その流れで第2次政権が発足して政務秘書官になってから、総理の重要スピーチを書いてきたわけです。それは勘所が難しいので(他の)事務秘書官が用意してくれたものは、はっきり言って大して役に立たない。15年に発表した戦後70年総理談話とか、ああいうテーマはやっぱり僕の仕事になる。全体としてこういうメッセージ、演出をしましょうという話になると、どうしても僕が出ざるを得ないのです」
文字どおり、安倍政権におけるイメージ戦略の中心が今井である。逆に政権のイメージが落ちれば、そこに対処してきた。しかし、今井一人がその任を果たしてきたわけではない。その一人が佐伯耕三である。

 続きはhttps://bungeishunju.com/でどうぞ。
スポンサーサイト



東京地検「IRカジノ利権捜査」の考察

 特捜部が秋元司前内閣府副大臣を再逮捕し、前の分と併せて収賄額が700万円を超えました。予定どおりネタを小出しにしながら、汚職の金額を積み上げていっています。贈収賄での立件という意味では、これも一定の評価があっていいと思います。
 やはり気になるのは次のターゲット。下地さんを除けば、トンネル会社となった観光会社も在宅起訴されているので、政治資金規正法違反に問うことも十分できると思いますが、5人の議員には職務権限がなく、それぞれ100万円の裏献金。そこをどう判断するでしょうか。在宅起訴でもいいから、立件すれば裁判の過程でいろいろ出て来てわかりやすくなるのですが。
 カジノの件は加計学園問題における下村さんの政治資金規正法違反と違って安倍首相を直撃する案件というより、菅官房長官ならびに二階自民党幹事長への打撃。したがって検察としてもやれないことはないでしょう。もう一人国会議員を立件するとなれば、おもしろくなるのですが、最悪なのは検察がカジノ利権捜査を取引材料にして適当なところで幕を引くケースでしょうか。

祝・早大「日本一」トップリーグ「大入り」

 久方ぶりに早稲田が大学日本一に輝き、「荒ぶる」を歌いました。対抗戦で惨敗した明治相手だけに戦前の予想を覆す快勝。その最大の要因は明治を研究したディフェンスでしょうけど、贔屓目ではなく、センター(CTB)の中野の存在も大きかった。ライン突破と柔らかいパスセンスはなかなかで、この先、トップリーグでどこまで通用するか、楽しみです。中野はキャプテンのハーフ(SH)斎藤とともにサントリー入りが決まっていますが、サントリーは今季からセンターに豪州代表のケレビを補強、中野には同じチームの中村や梶村といったジャパン代表とのレギュラー争いというレベルでにとどまらず、あんな選手になってほしいものです。
 そのトップリーグ初戦のサントリーは、リーチのいる東芝に惜敗しました。前半30分のフランカー西川のレッドカードで14人になったのが敗因でしょうけど、まだまだこれから。なによりトップリーグの開幕戦は大盛況で、神戸の山中も活躍したし、これまた楽しみ。よかった!

桜を見る会のポイント

 2020年は波乱の幕開けになりました。こちらも忘れてはいけません。本日発売の文藝春秋2月号に「桜を見る会」について書きました。

「観光バスを連ねて馳せ参じた大勢の地元後援者」や「ホテルオークラ前夜祭の有権者買収疑惑」、「招待者名簿という公文書の廃棄」から「年々肥大化する行事予算」、さらには「首相夫人とデリバリー業者との蜜月」や「紛れ込んだ反社会勢力との交友」……。
内閣総理大臣主催の桜を見る会にまつわる醜聞が、年を越してなおとどまるところを知らない。森友加計問題をはじめ、防衛省や厚労省の文書隠蔽でさらけ出してきた安倍晋三政権の見苦しさが、極まった感すらある。
たかが花見と侮るなかれ。シンプルなだけに問題がよりいっそう伝わりやすい。野党は攻める手を広げ過ぎて問題の焦点が定まらない、というまさにピントの外れたマスコミの指摘もあるが、むしろここまで緩んだ長期政権の成れの果てに見える。
「公職選挙法や政治資金規正法違反の疑いがあるという前に、十七台もバスを仕立てて税金で政治活動をする。普通の感覚で見て、汚職です。総理大臣という職を汚している」
 ある政府の高級官僚に感想を求めると、そう切って捨てた。焦点の一つが膨れ上がった招待者の数である。
所管官庁である内閣官房と内閣府が作成した二〇一九年一月二十五日付の〈「桜を見る会」開催要領〉によれば、四月十三日開催の〈招待範囲〉は、皇族や元皇族、各国大使、国務大臣、各省庁の事務次官および局長等の一部、都道府県知事および議会の議長等の一部、その他各界の代表者等となっている。人数は〈計1万人〉だ。しかし集まったのは一万八千人を超える。会に関係する別のある官僚は、こう指摘した。
「一万人はほぼ毎年人数が決まっています。各省庁から定年を前にした部長級以上の幹部職職員を数人ずつ選び、皇族枠や大使枠も同じように、招待人数に変化がありません。したがって問題はそれ以外の八千人。そこが総理推薦など従来にない別枠です」(以下略)

 20日開幕の通常国会、見ものです。

日産ゴーン「海外逃亡」見当違いの議論

 カルロス・ゴーンの海外逃亡に対してさすがに批判が高まっている半面、相変わらず日本の司法批判やクーデター説をことさらに大袈裟にとらえる声が耳にさわります。逃亡と捜査問題では、論点が異なるのは言うまでもありません。にもかかわらず、だからゴーンは逃げたというのですから。
 海外ではこうなっているとか、日本は遅れているとか、とかく日本人がグローバルという言葉に弱いのは今に始まったことではありませんが、では現状の捜査が本当に外国に劣っているのでしょうか。むしろ欧米に比べると捜査の精密性は高い。人質司法といいますが、勾留するのはそれなりの理由があり、どんな人でも保釈して自由にすればいいというものではないでしょう。
 なによりクーデターだから冤罪だといわんばかりの論調には驚かされます。事件や不祥事の情報が権力闘争からこぼれ出てくるのは世の常であり、要するにそこを見極めてどう捜査するか。子供でも分かる話なのに、実態を無視して日産の企業としてのあり方と犯罪問題をすり替えてしまっています。意識してそうしているかもしれませんけれど、日本の識者という方々はどうかしているのではないでしょうか。

«  | HOME |  »

プロフィール

森功

Author:森功
福岡県出身のノンフィクション作家。08年「ヤメ検」09年「同和と銀行」(ともに月刊現代)の両記事で2年連続「雑誌ジャーナリズム賞作品賞」。18年「悪だくみ 『加計学園』の悲願を叶えた総理の欺瞞」(文藝春秋)が大宅壮一ノンフィクション賞受賞。
主な著作は「サラリーマン政商」(講談社)、「黒い看護婦」「ヤメ検」(ともに新潮文庫)、「許永中」「同和と銀行」(講談+α文庫)、「血税空港」「腐った翼」(幻冬舎)、「泥のカネ」(文藝春秋社)、「狡猾の人――防衛省を食い物にした小物高級官僚の大罪」(幻冬舎)、「なぜ院長は『逃亡犯』にされたのか――見捨てられた原発直下『双葉病院』恐怖の7日間」、「大阪府警暴力団刑事『祝井十吾』の事件簿」(講談社)、「平成経済事件の怪物たち」(文春新書)、「紛争解決人 世界の果てでテロリストと闘う」(幻冬舎)、「現代日本9の暗闇」(廣済堂出版)、「日本を壊す政商 パソナ南部靖之の政・官・芸能人脈」(文藝春秋)、「総理の影 菅義偉の正体」(小学館)、「日本の暗黒事件」(新潮新書)「高倉健 七つの顔を隠し続けた男」(講談社)、「悪だくみ 『加計学園』の悲願を叶えた総理の欺瞞」(文藝春秋)、「地面師 他人の土地を売り飛ばす闇の詐欺集団」(講談社)など。最新刊は「官邸官僚 安倍一強を支えた側近政治の罪」(文藝春秋)

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する