2018-04

財務省セクハラ問題「テレ朝」の言い分に一言

 恥の上塗りどころか、重ね塗りを続ける財務事務次官はさておき、このたびテレ朝が名乗りでたことは評価されていいと思います。そのうえで敢えて一言いえば、記者会見には不満な点があります。それは、女性記者が週刊新潮に情報を提供した件を不適切な行為だとしたこと。たしかに記者はテレ朝から給料や取材費をもらい、記者活動をしているので、組織に対する背信行為のように受け取る向きがあるかもしれません。が、その前にテレ朝の記者は視聴者や国民に向けて取材をしているジャーナリストであり、問題の隠ぺいは視聴者に対する背信であることを忘れてはいけません。
 一方、テレ朝は二次被害を恐れてセクハラ報道をしなかったといいますが、それもとってつけたような理由のように思えます。というより、報道するかどうかについては、会社の判断であり、それ自体は尊重されるべきでしょう。むろんそれをけしからんという意見があってもいいし、報道姿勢に対する意見はさまざま戦わせてよいでしょうけれど、ひとつの報道判断ではあります。
 つまるところ、ジャーナリストは会社のために活動をしているわけではなく、会社の報道判断が間違っていると考えれば、他社に情報を提供することは決して責められるべきではありません。だから週刊新潮に訴え出ても何の問題もない。あくまで私見ですが。
スポンサーサイト

ここまで落ちたか「財務省」のセクハラ対応

 昨日、小沢一郎さんが「落ちるところまで落ちた」と言っていましたが、まさに同感です。財務省のセクハラ対応のまずさは、女性の権利や被害者の保護を持ち出すまでもなく、あまりにお粗末で驚くばかりです。福田さんとは小生も2度ほど会ったことがあり、そのうちの一度は酒席でした。話が上手な分、ジョークや軽口も多い人ではありました。あのセクハラ発言は論外ですが、「安倍さんは一度失敗している反省を生かしている」と絶賛していたことを思い出します。
 この件については、本来、週刊新潮の取材があって記事化されることがわかった段階で自らの進退を決めるのが常道で、財務省としても、記事が出たとき次官辞任でおさまったはず。なのに、あの対応……。あまりに軽薄というか、まさかこれで乗り切れるとは思っていないでしょうけれど、時間稼ぎにしても話になりません。
 もっとも考えてみれば、この手の無理筋、あるものをないという否定は安倍政権に一貫した戦術でもあります。それをスルーしてきたわれわれ国民も反省しなければならないのではないでしょうか。さすがにここまで来ると、そうはいかないでしょうけど、あの財務省がここまで落ちたか、と思うと、情けなくなります。

毎日「森友事件立件見送り」報道の深層

 毎日新聞が13日朝刊で「佐川氏、立件見送りへ 虚偽作成罪問えず」と報じました。大阪地検特捜部の捜査状況を踏まえた報道でしょうけど、やや違和感があります。森友学園の捜査については、このところ公文書の改ざんより、本丸の背任容疑につながりそうな情報が出て来ています。その典型が、財務省から学園側にゴミ問題の口裏合わせを依頼していた件でしょう。実際、財務省の背任はかなり濃厚であり、そこに突っ込んでいけばいいようにも思います。
 そのなかで今度の毎日報道。毎日は地検の関係者からの情報のように報じていますが、3月の不起訴処分予定から捜査のやり直しをしてきた大阪地検として、夏の人事異動を控えているとはいえ、今の段階で立件の可否について言及できないのではないでしょうか。本当に立件を見送れば、真相が闇に葬られ、検察批判が高まるのは必定。〝逆張り〟の可能性を指摘する人もいますけれど。

文藝春秋「官邸官僚」①「前川氏を呼びつけた首相補佐官」

 本日発売の文藝春秋5月号から短期集中連載「官邸官僚の研究」を始めました。第1回目は首相補佐官の和泉洋人氏。以下冒頭です。

 平穏だった国会が財務省の文書改ざんの発覚を契機に炎上し、今も沈静化の兆しが見えない。与野党攻防のテーマは「いつ、何のために、誰の指示で公文書を改ざんしたのか」だ。それは、明確な犯罪行為に対するすこぶる単純な疑問の解明というほかない。
 だが、その解明がなかなか進まない。原因の一つは、文書改ざんの動機が「忖度」という目に見えない内心問題にすり替えられ、「指示」系統がはっきりしないからだ。
「まさか首相自らが、公文書偽造という犯罪を指示するわけがない」
 そう信じている国民感情も理解できなくはない。が、反対に誰の指図もなく、官僚が自ら犯罪に手を染めるのも不自然だ。そんな「忖度」問題に触れるにつけ、一連の森友・加計問題におけるもう一つのキーワードを思い出した。「総理のご意向」である。
「総理の口からは言えないから、私が代わって言う」
 加計学園の獣医学部新設を巡り、文部科学事務次官だった前川喜平(六三)にそう迫ったとされるのが、首相補佐官の和泉洋人(六四)だ。

 今月号では例の「PMメモ」も取り上げられています。メモを書いていたのが官邸の秘書官。さらにここへ来て、2015年4月の今治市、加計学園の首相官邸訪問記録も明るみに出ました。いよいよ面白くなってきました。

森友「文書改ざん」見落としがちな重大ポイント7

 本日発売の週刊現代「ジャーナリストの目」で、大阪地検の捜査について書きました。以下、冒頭です。

 恐ろしい話がある。目下、大阪地検特捜部が進めている森友学園の捜査に関する件だ。
「実は予定では、この3月をもって不起訴処分で森友事件を終わらせるはずでした。それが朝日新聞の報道で方向転換せざるを得なくなった」
 大阪で取材すると、地検の関係者からそんな声が漏れ聞こえてきた。なぜ恐ろしいのか。そこには知られざる捜査の裏事情が垣間見える。
 あまりクローズアップされないが、森友学園の捜査は、土地代8億円値引きに関する財務省の背任や証拠隠滅容疑などに対する市民団体からの告発から始まっている。昨年4月、告発を受けた大阪地検特捜部は、捜査に着手した。このところうだつの上がらない大阪地検だけに、注目されなかったが、水面下で関係者の取り調べを始めてきた。

 がんばれ大阪地検!

«  | HOME |  »

プロフィール

森功

Author:森功
福岡県出身のノンフィクション作家。08年「ヤメ検」09年「同和と銀行」(ともに月刊現代)の両記事で2年連続「雑誌ジャーナリズム賞作品賞」受賞。主な著作は「サラリーマン政商」(講談社)、「黒い看護婦」「ヤメ検」(ともに新潮文庫)、「許永中」「同和と銀行」(講談+α文庫)、「血税空港」「腐った翼」(幻冬舎)、「泥のカネ」(文藝春秋社)、「狡猾の人――防衛省を食い物にした小物高級官僚の大罪」(幻冬舎)、「なぜ院長は『逃亡犯』にされたのか――見捨てられた原発直下『双葉病院』恐怖の7日間」、「大阪府警暴力団刑事『祝井十吾』の事件簿」(講談社)、「平成経済事件の怪物たち」(文春新書)、「紛争解決人 世界の果てでテロリストと闘う」(幻冬舎)、「現代日本9の暗闇」(廣済堂出版)、「日本を壊す政商 パソナ南部靖之の政・官・芸能人脈」(文藝春秋)、「総理の影 菅義偉の正体」(小学館)、「日本の暗黒事件」(新潮新書)「高倉健 七つの顔を隠し続けた男」(講談社)など。最新刊は「悪だくみ 『加計学園』の悲願を叶えた総理の欺瞞」。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する