FC2ブログ

2019-10

損得勘定ばかり何のための消費増税か

 いよいよ消費税10%がスタートしました。政府が景気が落ち込まないよう、食料品の軽減税制を導入し、幼児教育無償化政策をぶち上げ、マスコミはその解説に追われています。その観点は、どうすれば税金を納めなくて済むか、保育料がタダになるか、というもの。とどのつまり、損か得かという問題に終始しています。
 政府はこれらの政策について、消費税アップの痛税感をやわらげるためだどと言います。が、そもそも消費税は社会保障制度を守るため、皆で痛みを分かち合おうという目的で導入したものではなかったのでしょうか。にもかかわらず、出てくるのは損得勘定ばかり。マスコミももう少し報道の仕方を考えるべきではないでしょうか。至極当たり前すぎる話ですが、それすら忘れてしまっているような気がします。
スポンサーサイト



日米貿易協定「自動車関税撤廃」のまやかし

 茂木敏充外務大臣が「交渉は終わり。いい結果報告ができる」と鼻を高くした日米貿易協定。焦点の米国向け日本車や自動車部品の関税について撤廃する方針が協定に書かれる模様です。茂木外相はこれを自慢しているのでしょうけど、どうやら実態は先送り、というか、日本には何のメリットもなさそうです。
 日本車の2.5%関税はTPP交渉で撤廃方針が決まっていたはずが、トランプ政権で白紙にした格好。そこで、今回の日米交渉により改めて米国産の牛肉などの関税引き下げの見返りに日本車を輸出しやすくしようとしただけ。もとから日本車の関税撤廃は前提なのに、協定では相変わらず方針を示しただけで、いつまでに撤廃するのか、その撤廃の時期を明記しないので、米国側は痛くもかゆくもない。
 とどのつまり、米国と協議を継続するという何の進展もない結果。もともと日本車の関税はWTO違反であり、交渉しやすいはずなのに、それもできず、トウモロコシの大量購入まで約束する日本政府。これこそ弱腰外交の極みでは。

特定技能「登録支援機関」という口利き利権

 政府の移民政策がどんどん進んでいます。なかでも注目されるのが、とかく評判の悪かった外国人の技能実習制度に代わる「特定技能者」の活用。考え方は似たようなもので、特定技能ビザをこの先、ばんばん発行して単純労働者の不足を補おうとしています。
 その特定技能者の斡旋をおこなうのが、登録支援機関なる口入業者で、法務省に申請さえすれば認められるそうです。いわば移民政策に乗じた口利き利権。案の定、首相のお友だちであるパソナが名乗りを上げています。
 インバウンドに移民政策、経済成長をするためには必要だという声も聞きますが、そもそも日本がこれ以上成長する必要があるのでしょうか。それより格差をこれ以上広げないでもらいたいものです。

「トンデモ野党とメディアの非常識」の筆者

 参院選のときに自民党議員に配られた小冊子「フェイク情報が蝕むニッポン トンデモ野党とメディアの非常識」について、昨日、ある新聞社の記者と話をしました。記者氏曰く、「小冊子の筆者ではないか、と噂になっている政治評論家に質したところ、その件は勘弁してください」と答えるのみだそうで、どうにも怪しいらしい。
 小冊子は野党の体たらくをあげつらい、選挙期間中にここまでやるか、とわれた怪文書の類。安倍首相は例によって「見こんなものたことない」とシラを切っているそうです。
 ただ、くだんの政治評論家は文科省の前川喜平元事務次官の「出会い系バー通い」をテレビ局に持ち込んでいたこともあるとか。権力べったりのジャーナリストや評論家は常に存在します。しかし、テレビメディアはともかく、昨今は、雑誌ジャーナリズムまでこの手の人に頼って記事をつくっている。それを見ると、どうにもやるせなくなります。

景気後退なのに安倍首相はなぜ消費税を上げるのか?

 世界中の長短金利逆転現象が起き、いよいよ不況の到来が濃厚になってきています。そんな折、安倍政権は消費税10%に踏み切るといいます。むろん財政や社会保障を考えると消費増税はやむなしなのですが、景気のよかった時期にさんざん延期しておいて、なぜ今になって増税するのか、疑問に思うのは私だけではないでしょう。
 考えられる理由は経団連をはじめとした産業界の要請。表向き10%消費税は国際公約なのだから、延期すれば信用を失うというのが理由ですが、実際はこれまで延期しても大して影響はありませんでした。
 産業界にとっても消費増税は景気を冷やすため歓迎しないように考えられがちです。 しかし、そうではないようです。
 社会保障のための増税やむなしという空気が高まるなか、大企業はこれまで恩恵に与ってきた法人税減税の批判を恐れているのではないでしょうか。共産党などはずっと大企業の内部留保のことを言い続けていますが、過去の消費税分が企業の減税にあてられているのはたしかで、税収が行って来いになっている挙句に、企業が豊かになって国民が貧乏になっている。それに気付いた国民の声が上がる前に消費増税をしてしまえ……。てな思惑で政経一致しているのかな。

 

«  | HOME |  »

プロフィール

森功

Author:森功
福岡県出身のノンフィクション作家。08年「ヤメ検」09年「同和と銀行」(ともに月刊現代)の両記事で2年連続「雑誌ジャーナリズム賞作品賞」。18年「悪だくみ 『加計学園』の悲願を叶えた総理の欺瞞」(文藝春秋)が大宅壮一ノンフィクション賞受賞。
主な著作は「サラリーマン政商」(講談社)、「黒い看護婦」「ヤメ検」(ともに新潮文庫)、「許永中」「同和と銀行」(講談+α文庫)、「血税空港」「腐った翼」(幻冬舎)、「泥のカネ」(文藝春秋社)、「狡猾の人――防衛省を食い物にした小物高級官僚の大罪」(幻冬舎)、「なぜ院長は『逃亡犯』にされたのか――見捨てられた原発直下『双葉病院』恐怖の7日間」、「大阪府警暴力団刑事『祝井十吾』の事件簿」(講談社)、「平成経済事件の怪物たち」(文春新書)、「紛争解決人 世界の果てでテロリストと闘う」(幻冬舎)、「現代日本9の暗闇」(廣済堂出版)、「日本を壊す政商 パソナ南部靖之の政・官・芸能人脈」(文藝春秋)、「総理の影 菅義偉の正体」(小学館)、「日本の暗黒事件」(新潮新書)「高倉健 七つの顔を隠し続けた男」(講談社)、「悪だくみ 『加計学園』の悲願を叶えた総理の欺瞞」(文藝春秋)、「地面師 他人の土地を売り飛ばす闇の詐欺集団」(講談社)など。最新刊は「官邸官僚 安倍一強を支えた側近政治の罪」(文藝春秋)

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する