2017-08

元沖縄県知事が黄泉の世界に持って行ったもの

 元沖縄県知事の大田昌秀さん(92)が12日、亡くなりました。拙著「総理の影 菅義偉官房長官の正体」(小学館)の取材でお世話になったのは3年近く前でしたが、すでに卒寿を迎えていたにもかかわらず、矍鑠とされていたのを覚えています。ホテルのバーで、シーバスリーガルの水割りを何杯も召し上がって、しかもさして酔っていない。驚きました。
 大田さんは沖縄戦の体験から基地問題にことのほか思い入れが強く、熱く語っておられた反面、橋本龍太郎元首相や梶山静六元官房長官との駆け引きをしてきた印象もあります。取材の中で、官房機密費について語った部分を週刊ポストに書いたため、あとから関係者にクレームをいわれましたが、そんな大胆な一面もありました。
 ご冥福をお祈りします。合掌。
スポンサーサイト

またまた「防衛大臣」政治資金のお話

 安倍政権の弱点といえるかもしれませんが、稲田朋美防衛大臣にまたしてもおかしな話が持ち上がっています。永田町で話題になっているのが、政調会長時代の産経新聞「夜の正論」。串カツ屋でおこなった記者との懇談会合費を政治資金として処理しているというのです。政治部記者がゴチになるのは日常茶飯事でしょうから、あまり意識はしていなかったのでしょう。政治資金で記事を買ったとまではいいませんけど、提灯本を大量買いするような話と似たり寄ったり。
 そういえば、今日の週刊新潮で安倍首相の側近ジャーナリストの醜聞が出ているようですけど、ほかにもまだまだ出てきそうな感じ。つまるところ書き手のレベルの話かもしれません。

なぜ問題にしない森友学園「与党の許可」発言

 森友学園の8億円値引きの資料を出せない理由として、昨日20日の参院の国土交通員会で、大塚拓財務副大臣があろうことか「与党の許可がないと出せない」と言ってしまいました。本音といえばそれまでですが、あまりに低次元な答弁。この森友の件は「政治的な問題になっているから」などとも言っています。
 つまるところ政治圧力で真相解明できない、と認めてしまっているような話。しかし、もっと問題なのは、この手の問題がさして問題ならない問題。マスコミも含めて問題だらけです。

いつものすり替え「山本地方創生担当大臣」の国会答弁

「がんは学芸員」発言で追及された発言を撤回した山本幸三地方創生担当大臣。今治市の獣医学部新設問題で「加計学園」問題を民進党に質問されると「事業者選定はいずれも法令に従い適切に実施されている。首相夫妻が影響を与えたことは一切ない」としたうえで、獣医学部新設の特区実現について検討するとしたのは民主党時代だ、と反論しました。
 旧民主党のせいにするのは安倍政権の常套手段ではありますが、問題は構造改革特区から国家戦略特区になったあとのこと。議論をすり替えるのもまたいつものやり方ですが、一連の経緯を振り返って首相の影響がなかったといえるでしょうか。北朝鮮情勢も大変ですが、それとこれとは別。

引くも地獄、進むも地獄「小池劇場」

 今になって小池百合子さんが築地市場の豊洲移転に関する専門会議を設置し、今日その第1回会合が開かれたそうです。この問題、なにやら東京五輪に似てきた気がします。本来、安心の基準である地下水のモニタリング基準が大幅にオーバーしてしまったのですから、豊洲移転はやめたといえばスッキリするのですが、そうすると代替案を考えていなかったことがばれてしまう。
 小池さんとしてはできる限り、問題を先延ばしし、さらに石原さんや自民党に押し切られたのではない、と印象付けたいためにくだんの会議を設置したのでしょうけど、それも見透かされつつある気がします。振り上げた拳を下すことができず、豊洲移転となり、大山鳴動して……となるような。何をやっているんだか、です。

«  | HOME |  »

プロフィール

森功

Author:森功
福岡県出身のノンフィクションライター。08年「ヤメ検」09年「同和と銀行」(ともに月刊現代)の両記事で2年連続「雑誌ジャーナリズム賞作品賞」受賞。主な著作は「サラリーマン政商」(講談社)、「黒い看護婦」「ヤメ検」(ともに新潮文庫)、「許永中」「同和と銀行」(講談+α文庫)、「血税空港」「腐った翼」(幻冬舎)、「泥のカネ」(文藝春秋社)、「狡猾の人――防衛省を食い物にした小物高級官僚の大罪」(幻冬舎)、「なぜ院長は『逃亡犯』にされたのか――見捨てられた原発直下『双葉病院』恐怖の7日間」、「大阪府警暴力団刑事『祝井十吾』の事件簿」(講談社)、「平成経済事件の怪物たち」(文春新書)、「紛争解決人 世界の果てでテロリストと闘う」(幻冬舎)、「現代日本9の暗闇」(廣済堂出版)、「日本を壊す政商 パソナ南部靖之の政・官・芸能人脈」(文藝春秋)、「総理の影 菅義偉の正体」(小学館)など。最新刊は「日本の暗黒事件」(新潮新書)

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する