FC2ブログ

2009-06

NBオンライン「新書レビュー」に「血税空港」登場

今日アップされた日経ビジネスオンラインの「毎日1冊!日刊新書レビュー」2009年6月23日(火)で、拙著が紹介されています。

需要がなくても、つくってしまえば国が面倒見てくれる~『血税空港』
森 功著(評者:近藤 正高)
幻冬舎新書、760円(税別)
 羽田空港では目下、4本目の滑走路が建設中だ。空港南端に開設されたプレハブの展望施設では、工事現場が一般に公開されている。
 この滑走路、空港の沖合いに配置される計画なのだが、一部が多摩川の河口にかかるため、流れを堰き止めないよう桟橋になっていたり、また東京港に出入りする船舶の航路を変更する必要があったりと、かなり“無理してる感”は否めない。
 しかし、2010年にこの滑走路の供用が開始されたあかつきには、羽田空港における年間発着数は現在の30万7千回から、さらに10万回も枠が増えることになるという。新滑走路と並行して空港敷地内では「国際線地区」として新たな旅客、貨物ターミナルなどの整備も進められている。
 周知のとおり、1978年に成田空港が開港して以来、国際線は成田、国内線は羽田と分散されてきた。しかし現在では、深夜早朝時間帯にかぎってとはいえ、羽田にもアジアを中心に国際定期便が就航している。現在進行中の各工事は、本格的な羽田の再国際化に向けた布石なのだろう……と、僕はそう思い込んでいた。
 だが、本書によれば、国土交通省にとって、羽田の国際化はあくまでも建前にすぎず、周辺住民への騒音問題などから、拡張や深夜早朝便の就航が困難でキャパシティの不足している成田を補助する、というぐらいの意味合いしかないという。(以下略)

 といった記事です。NBオンラインさん、ありがとうございます。続きはhttp://business.nikkeibp.co.jp/article/life/20090622/198249/でどうぞ。
スポンサーサイト



«  | HOME |  »

プロフィール

森功

Author:森功
福岡県出身のノンフィクション作家。08年「ヤメ検」09年「同和と銀行」(ともに月刊現代)の両記事で2年連続「雑誌ジャーナリズム賞作品賞」。18年「悪だくみ 『加計学園』の悲願を叶えた総理の欺瞞」(文藝春秋)が大宅壮一ノンフィクション賞受賞。
主な著作は「サラリーマン政商」(講談社)、「黒い看護婦」「ヤメ検」(ともに新潮文庫)、「許永中」「同和と銀行」(講談+α文庫)、「血税空港」「腐った翼」(幻冬舎)、「泥のカネ」(文藝春秋社)、「狡猾の人――防衛省を食い物にした小物高級官僚の大罪」(幻冬舎)、「なぜ院長は『逃亡犯』にされたのか――見捨てられた原発直下『双葉病院』恐怖の7日間」、「大阪府警暴力団刑事『祝井十吾』の事件簿」(講談社)、「平成経済事件の怪物たち」(文春新書)、「紛争解決人 世界の果てでテロリストと闘う」(幻冬舎)、「現代日本9の暗闇」(廣済堂出版)、「日本を壊す政商 パソナ南部靖之の政・官・芸能人脈」(文藝春秋)、「総理の影 菅義偉の正体」(小学館)、「日本の暗黒事件」(新潮新書)「高倉健 七つの顔を隠し続けた男」(講談社)、「悪だくみ 『加計学園』の悲願を叶えた総理の欺瞞」(文藝春秋)、「地面師 他人の土地を売り飛ばす闇の詐欺集団」(講談社)など。最新刊は「官邸官僚 安倍一強を支えた側近政治の罪」(文藝春秋)

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する