2013-12

亡年「アリキリ会」いい年になるかも

 昨夜、恒例のアリとキリギリスの会の忘年会を開きました。今年は赤坂のそば屋「三平」で1次会、そのあと銀座に流れました。さすがに仕事納めの27日だけあって、どこも酔客であふれかえって、バブル時代を彷彿させるような光景を見ました。
 われらがノンフィクション業界は不況続きですが、年に一度こうして仲間と酒を酌み交わすのは楽しいもんです。このあいだまで体調を崩されていた友人がすっかり元気になり、20年ぶりに会った某企業の社長と昔話に花が咲いて……。アベノミクスはあてになりませんけど、来年はいいとしになりそうな予感がします。
 皆さま、よいお年をお迎えください。
スポンサーサイト

«  | HOME |  »

プロフィール

森功

Author:森功
福岡県出身のノンフィクションライター。08年「ヤメ検」09年「同和と銀行」(ともに月刊現代)の両記事で2年連続「雑誌ジャーナリズム賞作品賞」受賞。主な著作は「サラリーマン政商」(講談社)、「黒い看護婦」「ヤメ検」(ともに新潮文庫)、「許永中」「同和と銀行」(講談+α文庫)、「血税空港」「腐った翼」(幻冬舎)、「泥のカネ」(文藝春秋社)、「狡猾の人――防衛省を食い物にした小物高級官僚の大罪」(幻冬舎)、「なぜ院長は『逃亡犯』にされたのか――見捨てられた原発直下『双葉病院』恐怖の7日間」、「大阪府警暴力団刑事『祝井十吾』の事件簿」(講談社)、「平成経済事件の怪物たち」(文春新書)、「紛争解決人 世界の果てでテロリストと闘う」(幻冬舎)、「現代日本9の暗闇」(廣済堂出版)、「日本を壊す政商 パソナ南部靖之の政・官・芸能人脈」(文藝春秋)、「総理の影 菅義偉の正体」(小学館)など。最新刊は「日本の暗黒事件」(新潮新書)

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する