2017-08

内閣支持率「微増」の考察

 内閣改造後の支持率の状況をみると、26%だった毎日が35%、読売が42%で歯止めがかかったとし、日経も3%微増で読売と同じ42%。そもそも毎日は他のメディアに比べてかなり低かったので、全体でみれば、内閣支持率は少しだけ回復したといったところでしょうか。
 改造後のマスコミ全体の対応で見ると、森友・加計問題の扱いが大きい朝日や毎日と読売などとの違いはさもありなん。ですが、やはり気になるのはテレビの報じ方でしょうか。「実力内閣」「仕事内閣」と持ち上げ、経済最優先で成果をあげられるかどうかが支持率回復の分かれ目などというコメントが目立ちます。しかし、支持率急落は、単に森友・加計疑惑の説明のおかしさが原因だから、そこが最大の問題でしょう。せっかく安倍さんがテレビに出ているのだから、国会で追及できなかった点をもっと突っ込んで聞けばいいのに、お追従ばかりで、なんとも上滑り感が否めません。換言すれば、内閣支持率の微増はそうしたテレビ局のおかげでしょうけど。
スポンサーサイト

«  | HOME |  »

プロフィール

森功

Author:森功
福岡県出身のノンフィクションライター。08年「ヤメ検」09年「同和と銀行」(ともに月刊現代)の両記事で2年連続「雑誌ジャーナリズム賞作品賞」受賞。主な著作は「サラリーマン政商」(講談社)、「黒い看護婦」「ヤメ検」(ともに新潮文庫)、「許永中」「同和と銀行」(講談+α文庫)、「血税空港」「腐った翼」(幻冬舎)、「泥のカネ」(文藝春秋社)、「狡猾の人――防衛省を食い物にした小物高級官僚の大罪」(幻冬舎)、「なぜ院長は『逃亡犯』にされたのか――見捨てられた原発直下『双葉病院』恐怖の7日間」、「大阪府警暴力団刑事『祝井十吾』の事件簿」(講談社)、「平成経済事件の怪物たち」(文春新書)、「紛争解決人 世界の果てでテロリストと闘う」(幻冬舎)、「現代日本9の暗闇」(廣済堂出版)、「日本を壊す政商 パソナ南部靖之の政・官・芸能人脈」(文藝春秋)、「総理の影 菅義偉の正体」(小学館)など。最新刊は「日本の暗黒事件」(新潮新書)

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する