2017-08

週刊現代ジャナ目「維新版船中八策」の考察

 本日発売の週刊現代ジャーナリストの目で、橋下徹大阪市長の維新版船中八策について考えてみました。以下、冒頭。

 維新版・船中八策に続いて大阪市の君が代条例。橋下徹大阪市長がぶち上げる政策が、何かと話題を提供している。とりわけ船中八策では、「統治機構の再構築」から始まり、「行財政改革」や「教育改革」「外交・安全保障」、果ては「憲法改正」にいたるまで、8つのテーマがズラリと並ぶ。これだけでは何のことかわからないが、それまでの大阪都構想や道州制に加え、首相公選制、参院の廃止、普天間の米軍基地の沖縄県外移設なども検討中だという。来る衆院選に向けた選挙公約、今風にいえばマニフェストである。
 一見、いかにもマスメディアが飛びつきそうな大胆で独創的な提案に思えるが、ちょっと立ち止まって考えると、中身は手垢のついたような話ばかり。

 検証すべき問題があると思います。
スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mori13.blog117.fc2.com/tb.php/1070-58be15a2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

森功

Author:森功
福岡県出身のノンフィクションライター。08年「ヤメ検」09年「同和と銀行」(ともに月刊現代)の両記事で2年連続「雑誌ジャーナリズム賞作品賞」受賞。主な著作は「サラリーマン政商」(講談社)、「黒い看護婦」「ヤメ検」(ともに新潮文庫)、「許永中」「同和と銀行」(講談+α文庫)、「血税空港」「腐った翼」(幻冬舎)、「泥のカネ」(文藝春秋社)、「狡猾の人――防衛省を食い物にした小物高級官僚の大罪」(幻冬舎)、「なぜ院長は『逃亡犯』にされたのか――見捨てられた原発直下『双葉病院』恐怖の7日間」、「大阪府警暴力団刑事『祝井十吾』の事件簿」(講談社)、「平成経済事件の怪物たち」(文春新書)、「紛争解決人 世界の果てでテロリストと闘う」(幻冬舎)、「現代日本9の暗闇」(廣済堂出版)、「日本を壊す政商 パソナ南部靖之の政・官・芸能人脈」(文藝春秋)、「総理の影 菅義偉の正体」(小学館)など。最新刊は「日本の暗黒事件」(新潮新書)

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する