2017-08

毎日「小沢一郎」新興宗教団体関連顧問料の考察

 昨日の毎日新聞夕刊で小沢一郎さんの顧問料問題についてすっぱ抜いていたので読んでみました。ワールドメイトの関連コンサル会社「菱(びし)法律経済政治研究所」から月々200万円も顧問料をもらっていたというから驚きです。トータルで3800万円。
 他にこの宗教団体と親交の深い政治家として亀井静香さんや森嘉朗さん、鳩山邦夫さんなどの名前も以前にあがっていましたけど、政治家個人への企業団体献金は禁止されているのに、顧問料名目ならOKだとか。これも法の不備でしょうか。
スポンサーサイト

コメント

必死だな

何の法にも抵触しないのにマスゴミは小沢に悪い印象を与えようと必死だな。

産経毎日wwwwまた始まりましたね小沢叩きw露骨過ぎて笑えます。
小沢さん好きではないけど応援したくなるwこうなると

感想です

感想をひとこと。

勘違いしてるみたいですが、ワールドメイトと小沢一郎は関係ありませんよ。

菱法律経済政治研究所と小沢一郎は関係があり、深見東州と小沢一郎が関係あるってことですよね。同じく、亀井静香や鳩山邦夫も、菱法律経済政治研究所や深見東州と関係があるということで、ワールドメイトとはなんら関係がないものでしょう。

深見東州はいろんな団体の代表をしてますが、ワールドメイト以外の顧問がワールドメイトに関係することはないようです。

森嘉朗は、日印協会で深見東州と同じく理事をしてるようですが、それ以外には関係ないようです。

小沢一郎とか亀井静香とか鳩山邦夫は、菱法律経済政治研究所で、顧問の業務をしてるわけであって、なにもしないでもらえる献金とは違う性質のものだと思います。

急に、菱法律経済政治研究所が注目されていますが、このコンサルティング会社に、政治家が在籍するのは、何年、何十年も前からのことです。栗本慎一郎氏とか園田天光光氏も顧問だったと思います。

それに会員が満足して、サービスを享受してるということで、それはそれで、なんら問題ないことではないでしょうか。

お気を悪くしたらごめんなさい。
それよりも、是非、天下り団体について調べてください!

小沢氏と菱研究所の件は、お抱え新聞社毎日新聞の露骨で分かりやすいネガティヴキャンペーンでしょう。

小沢氏よりも、野田氏と現政権の矛盾を叩くほうが大事なのでは?それとも増税反対勢力は徹底的に潰すつもりでしょうかね?本当に毎日は最低ですね。

大企業と官僚と利権政治家がつるんでのバッシングとも考えられますが。よっぽど小沢氏に人気が集まると都合が悪い人がいらっしゃるのでしょう。大事なことは小沢氏は消費税増税反対で、積極財政だってことですね。だから善だと思いますが。集めた金で消費税増税粉砕の活動をしてくれるなら、結構なことじゃないでしょうか。大多数の国民の利益を守って下さいよ、小沢さん。

>小沢さん好きではないけど

その枕詞はいらないよw

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mori13.blog117.fc2.com/tb.php/1141-29025f80
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

森功

Author:森功
福岡県出身のノンフィクションライター。08年「ヤメ検」09年「同和と銀行」(ともに月刊現代)の両記事で2年連続「雑誌ジャーナリズム賞作品賞」受賞。主な著作は「サラリーマン政商」(講談社)、「黒い看護婦」「ヤメ検」(ともに新潮文庫)、「許永中」「同和と銀行」(講談+α文庫)、「血税空港」「腐った翼」(幻冬舎)、「泥のカネ」(文藝春秋社)、「狡猾の人――防衛省を食い物にした小物高級官僚の大罪」(幻冬舎)、「なぜ院長は『逃亡犯』にされたのか――見捨てられた原発直下『双葉病院』恐怖の7日間」、「大阪府警暴力団刑事『祝井十吾』の事件簿」(講談社)、「平成経済事件の怪物たち」(文春新書)、「紛争解決人 世界の果てでテロリストと闘う」(幻冬舎)、「現代日本9の暗闇」(廣済堂出版)、「日本を壊す政商 パソナ南部靖之の政・官・芸能人脈」(文藝春秋)、「総理の影 菅義偉の正体」(小学館)など。最新刊は「日本の暗黒事件」(新潮新書)

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する