2017-08

週刊現代「ジャナ目」は新聞が書かない「小沢一郎」の落日

 昨日発売の週刊現代「ジャーナリストの目」は新聞やテレビが元秘書裁判に触れないので、小沢一郎さんのことを取り上げました。次のような感じ。

 無罪判決を反転攻勢のきっかけにする腹づもりだった本人にとっては、アテが外れたに違いない。小沢一郎代表。総選挙で世間が盛り上がる中、「日本維新の会」や「日本未来の党」に、すっかり第三極の主役を奪われ、どうにも影が薄い。それはやはり、政治とカネ問題が尾を引いているからだろう。自らの無罪判決が確定したのも束の間、3元秘書の公判では逆に雲行きが怪しくなっている。

 簡単にいえば、小沢本人と元秘書たちの二つの公判で大きく違った点は証拠採用だ。本人の控訴審では、検察官役の指定弁護士側の請求した証拠や証人尋問がことごとく却下されたのに対し、元秘書公判では弁護側の請求したそれがほとんど認められなかった。言うまでもなく、公判で提出した証拠や証人尋問の要請が却下されれば、申請した側が不利だ。
 それどころか元秘書の公判では、小沢事務所の会計責任者だった大久保に対し、高裁の飯田喜信裁判長が、
「(控訴審における新たな証拠や証人の採用がゼロで)審理がなくなるため、公判を分離しようと思いますが」
 と弁護側に打診する一幕まであった(その後、三元秘書の公判は分離)。その意味するところは、「即結審、公訴棄却で一審の有罪通り」と受け取れる。傍聴席から見ても、裁判長の言葉を聞いた弁護側の表情が青ざめているのがわかった。

 小沢さん、未来の党の仕掛け人であるかのように報道するメディアもありますが、その実、存在感はどんどん失っています。次の一手はあるのでしょうか。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mori13.blog117.fc2.com/tb.php/1237-215bb25a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

森功

Author:森功
福岡県出身のノンフィクションライター。08年「ヤメ検」09年「同和と銀行」(ともに月刊現代)の両記事で2年連続「雑誌ジャーナリズム賞作品賞」受賞。主な著作は「サラリーマン政商」(講談社)、「黒い看護婦」「ヤメ検」(ともに新潮文庫)、「許永中」「同和と銀行」(講談+α文庫)、「血税空港」「腐った翼」(幻冬舎)、「泥のカネ」(文藝春秋社)、「狡猾の人――防衛省を食い物にした小物高級官僚の大罪」(幻冬舎)、「なぜ院長は『逃亡犯』にされたのか――見捨てられた原発直下『双葉病院』恐怖の7日間」、「大阪府警暴力団刑事『祝井十吾』の事件簿」(講談社)、「平成経済事件の怪物たち」(文春新書)、「紛争解決人 世界の果てでテロリストと闘う」(幻冬舎)、「現代日本9の暗闇」(廣済堂出版)、「日本を壊す政商 パソナ南部靖之の政・官・芸能人脈」(文藝春秋)、「総理の影 菅義偉の正体」(小学館)など。最新刊は「日本の暗黒事件」(新潮新書)

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する