2017-08

桜宮高校バスケ部顧問「書類送検」の考察

 桜宮高校バスケットボール部の元顧問が昨日、大阪府警によって書類送検されたとの報道がありました。府警の捜査1課が捜査班を結成して捜査に乗り出したのだから、迅速に形の見える刑事処分をしなければならないため、書類送検はやむを得ない予定通りの処分だといえます。ポイントは送検した際に付けた厳重処分の意見書。厳重処分は公訴権を握る検察に対し、起訴を求めるという重い判断なので、それを検察側がどうとらえるかでしょう。従来なら警察官は検察官の指導のもとに書類を作成しますので、起訴の可能性は高くなりますが、昨今は検察審査会の影響もあって一概にはいえないように思えます。
 いずれにしろ今回の事件は事実関係の冷静な検証より、マスコミ、世論先導型、否、大阪市長誘導型なのが引っ掛かります。いち早く1課が乗り出した府警の捜査にしても、世論やメディアに背中を押された感が否めません。どうにも、本当に考えるべき論点がずれているように思えてなりません。
スポンサーサイト

コメント

逆に言えば世論が騒いだから、仕方なく事件にしたが、隠蔽しようとすればいくらでもできるとの証明でもありますよ。それより、体罰の名を借りた暴行は、看過できませんよ。

>大阪市長誘導型

メンタルケアのアドバイザーとして元ジャイアンツの桑田真澄氏や元NBA選手を呼んだり、色々な方面へ話が飛んでるみたいですね

日本は、争点をぼかすの得意ですからね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mori13.blog117.fc2.com/tb.php/1309-df82e46f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

森功

Author:森功
福岡県出身のノンフィクションライター。08年「ヤメ検」09年「同和と銀行」(ともに月刊現代)の両記事で2年連続「雑誌ジャーナリズム賞作品賞」受賞。主な著作は「サラリーマン政商」(講談社)、「黒い看護婦」「ヤメ検」(ともに新潮文庫)、「許永中」「同和と銀行」(講談+α文庫)、「血税空港」「腐った翼」(幻冬舎)、「泥のカネ」(文藝春秋社)、「狡猾の人――防衛省を食い物にした小物高級官僚の大罪」(幻冬舎)、「なぜ院長は『逃亡犯』にされたのか――見捨てられた原発直下『双葉病院』恐怖の7日間」、「大阪府警暴力団刑事『祝井十吾』の事件簿」(講談社)、「平成経済事件の怪物たち」(文春新書)、「紛争解決人 世界の果てでテロリストと闘う」(幻冬舎)、「現代日本9の暗闇」(廣済堂出版)、「日本を壊す政商 パソナ南部靖之の政・官・芸能人脈」(文藝春秋)、「総理の影 菅義偉の正体」(小学館)など。最新刊は「日本の暗黒事件」(新潮新書)

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する