2017-08

参院選「4争点」でも野党は「応援団」か「自共対決」

 来る7月4日の公示に向け、参院選における与野党の選挙公約が出そろいました。日経新聞などが取り上げている4大争点は「アベノミクスへの評価」「TPP」「憲法改正」「原発」。どこも独自色を出そうとしてる、なんて書いていますけど、とてもそうは思えません。
 たとえばアベノミクス。辛うじて民主が日銀の金融緩和や財政出動への批判ポーズをとっているけど、アベノミクスについては危ういという程度でいまだ評価が定まらず世論に訴えるほどの効果がないのは自明。また、自民党の補完勢力と揶揄されるみんなの党や維新の会などに至っては、TPPや憲法改正で、安倍さんの言いにくい部分を公約に掲げている始末。まるで自民の応援団です。さらに連立与党の公明は、原発政策や憲法改正について自民に遠慮して踏み込みが足りず、腰砕け感が否めません。
 つまるところ、どこも具体的な政策がなく、マニフェストと呼べない。具体策を打ち出すとあとが怖いからか、そこが各党の限界を如実に物語っているように感じます。自民にとって唯一の対立軸が共産党、これでは先の都議選同様、参院選も自共対決……。
スポンサーサイト

コメント

選挙の後が怖いです。

 野党の核になる政党政派が、消去法で共産党しか無いのが現状でしょう。 民主党は、国家統治の能力が無いので、雲散霧消し、みんなの党と維新の会は、自民党の別働隊で、自民党が政権復帰した今日では存在意義がありません。 野党では、民主党は雲散霧消し、生活の党と風は民主党脱党組で同じく雲散霧消する運命で、社会民主党は、政権離脱して独自の理想論を唱えるのみの世俗を後にした僧侶集団の様で、最早、消滅寸前です。 残るのは、対憲法的には、皮肉にも共産党が護憲政党として自公に対することになります。
 争点は、選挙戦とは別に、実体的に例の「アベノ」何んとかです。 国家財政破綻に至る道を進むのか、経済構造改革を断行して経済を再生し、財政再建の道を進むのかが問われるのです。 でも、神風のような特効薬の「アベノ」何んとかで全てが解決すると信じている日本人は、選挙戦の後で泣きを見ることになるでしょう。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mori13.blog117.fc2.com/tb.php/1369-7efd794c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

森功

Author:森功
福岡県出身のノンフィクションライター。08年「ヤメ検」09年「同和と銀行」(ともに月刊現代)の両記事で2年連続「雑誌ジャーナリズム賞作品賞」受賞。主な著作は「サラリーマン政商」(講談社)、「黒い看護婦」「ヤメ検」(ともに新潮文庫)、「許永中」「同和と銀行」(講談+α文庫)、「血税空港」「腐った翼」(幻冬舎)、「泥のカネ」(文藝春秋社)、「狡猾の人――防衛省を食い物にした小物高級官僚の大罪」(幻冬舎)、「なぜ院長は『逃亡犯』にされたのか――見捨てられた原発直下『双葉病院』恐怖の7日間」、「大阪府警暴力団刑事『祝井十吾』の事件簿」(講談社)、「平成経済事件の怪物たち」(文春新書)、「紛争解決人 世界の果てでテロリストと闘う」(幻冬舎)、「現代日本9の暗闇」(廣済堂出版)、「日本を壊す政商 パソナ南部靖之の政・官・芸能人脈」(文藝春秋)、「総理の影 菅義偉の正体」(小学館)など。最新刊は「日本の暗黒事件」(新潮新書)

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する