2017-10

「石破」「渡辺」の失墜で安倍首相一人勝ちの怪

 昨日、久方ぶりにあった政界事情通と一杯やりながら、最近の安倍晋三首相や政権の状況について意見交換をしました。そこで、安定政権と言えば聞こえはいいけど、安倍さんに対抗できるライバルがいなくなり、危険な状態だという意見で一致しました。なかでも俎上に上ったのが、国民的な人気の高かった石破茂幹事長とみんなの党の渡辺喜美代表の失墜ぶりです。
 常に説得力のあるぶれない論客として通っていた石破さんは、実は共産党機関紙の赤旗から産経新聞まで読んでいて、反対意見を予測しながら話していたそうですが、あのデモ・テロ発言はどうしたことか。以来、頼りの国民人気も急速にしぼんで、党内では菅官房長官に押され放しらしい。
 さらにここへ来て安倍政権へのすり寄りが目立つ渡辺さん。このあいだの参議院選で安倍さんの元秘書官だった井上さんを担いで当選させ、そのパイプを使っているとのこと。これでは江田さんに愛想をつかされるのも自明でしょうか。なんとも頼りない話です。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mori13.blog117.fc2.com/tb.php/1472-b97456db
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

森功

Author:森功
福岡県出身のノンフィクションライター。08年「ヤメ検」09年「同和と銀行」(ともに月刊現代)の両記事で2年連続「雑誌ジャーナリズム賞作品賞」受賞。主な著作は「サラリーマン政商」(講談社)、「黒い看護婦」「ヤメ検」(ともに新潮文庫)、「許永中」「同和と銀行」(講談+α文庫)、「血税空港」「腐った翼」(幻冬舎)、「泥のカネ」(文藝春秋社)、「狡猾の人――防衛省を食い物にした小物高級官僚の大罪」(幻冬舎)、「なぜ院長は『逃亡犯』にされたのか――見捨てられた原発直下『双葉病院』恐怖の7日間」、「大阪府警暴力団刑事『祝井十吾』の事件簿」(講談社)、「平成経済事件の怪物たち」(文春新書)、「紛争解決人 世界の果てでテロリストと闘う」(幻冬舎)、「現代日本9の暗闇」(廣済堂出版)、「日本を壊す政商 パソナ南部靖之の政・官・芸能人脈」(文藝春秋)、「総理の影 菅義偉の正体」(小学館)など。最新刊は「日本の暗黒事件」(新潮新書)

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する