2017-08

ばれた徳洲会マネー5000万円「仲介料」

 今日の朝日新聞で、猪瀬直樹さんが徳洲会から受け取った5000万円について、仲介者である一水会木村三浩代表が500万円をもらっていたと報じていました。となると、仲介料は1割。相場ではありますが、この件で以前、私も木村さんに尋ね、記事にしたことがあります。当初から木村さんに対しては「猪瀬さんから謝礼金をもらったのですか」と何度も念を押したのですが、「いっさい受け取っていない」と否定。それが嘘だったことになります。
 木村さんは自由連合の選挙やイラクからの研修医師の受け入れなどで、徳洲会へのコンサルタント料などとして、夫人との合わせ月々90万円ほどが提供されていた時期があり、そのことは認めていました。が、5000万円絡みの謝礼金は問題がもっと大きい。こうなると裏金斡旋という話になりかねませんから。
スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

自分に都合の悪い事を云う人はいません。裁判での、尋問を見ていると、馬鹿馬鹿しくなります。代理人が、書いた嘘まるだしの陳述書も同様。
それにしても、猪瀬というお人、周りに誰一人、庇い立てする人がおらず滑稽の極み。それだけ、人望がなかったという事ですね。
今後は、お笑い番組のひな壇でお会いしたいです。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mori13.blog117.fc2.com/tb.php/1476-0b55fae9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

森功

Author:森功
福岡県出身のノンフィクションライター。08年「ヤメ検」09年「同和と銀行」(ともに月刊現代)の両記事で2年連続「雑誌ジャーナリズム賞作品賞」受賞。主な著作は「サラリーマン政商」(講談社)、「黒い看護婦」「ヤメ検」(ともに新潮文庫)、「許永中」「同和と銀行」(講談+α文庫)、「血税空港」「腐った翼」(幻冬舎)、「泥のカネ」(文藝春秋社)、「狡猾の人――防衛省を食い物にした小物高級官僚の大罪」(幻冬舎)、「なぜ院長は『逃亡犯』にされたのか――見捨てられた原発直下『双葉病院』恐怖の7日間」、「大阪府警暴力団刑事『祝井十吾』の事件簿」(講談社)、「平成経済事件の怪物たち」(文春新書)、「紛争解決人 世界の果てでテロリストと闘う」(幻冬舎)、「現代日本9の暗闇」(廣済堂出版)、「日本を壊す政商 パソナ南部靖之の政・官・芸能人脈」(文藝春秋)、「総理の影 菅義偉の正体」(小学館)など。最新刊は「日本の暗黒事件」(新潮新書)

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する