2017-08

平田信判決でも「オウム真理教」の深い闇

 中央公論4月号の「森功の社会事件簿」は平田信に懲役9年の判決が下ったオウム真理教事件を振り返ってみました。

 今年最も注目される裁判――。司法界で評判だったオウム裁判は、ソチ五輪やNHK新会長の失言などの影に隠れ、すっかり報道の扱いが小さくなってしまった感がある。
 オウム真理教は、日本における最も凶悪な犯罪集団として、その名を事件史に刻んだ。三大事件と呼ばれる一九八九年十一月の坂本弁護士一家事件で三人を殺害し、九四年六月松本サリン事件で七人、九五年三月の地下鉄サリンで十二人の命を奪った。八九年一月の信者殺害を皮切りに殺人事件だけに限ってみても、オウムの犠牲者は二十六人に上る。教団幹部十三人の死刑囚を生んだ最悪の犯罪集団だ。(中略)
 そんな最悪の犯罪には、もう一つ見逃せない特徴がある。それは巷間〝オウムの闇〟と表現される未解明の部分の多さである。なかでも私は、オウムが摘発される直前の九五年四月二十三日夜、報道陣が取り囲む衆人環視のオウム真理教東京総本部前で、唐突に起きた村井秀夫刺殺事件が印象に残っている。
 実行犯の山口組系羽根組の構成員だった徐裕行は、すぐに逮捕された。しかし、徐には村井を殺害する明確な動機はなかった。実際、警察の事情聴取でも、組関係者の指示を匂わせていた。そうして犯行は捜査の手が迫る中、知り過ぎている教団ナンバーツーだった村井の口を封じる目的だったのではないか、という疑いが濃厚になる。
「オウムの連中はだらしないので、取調べはそれほど難しくなかった。マスコミの前では偉そうにしていても、取り調べでこっちが少し声を上げると、『勘弁して下さい』と机の下に潜り込んだ幹部もいた。オウムは覚醒剤を取り扱っていた疑いもあり、教団施設の建設などを巡って暴力団との接点もいくつか浮かんだ。しかし、村井刺殺事件の背後関係で立件できる確証は得られなかった」
 麻原をはじめ教団の幹部たちを次々と摘発していった警視庁のベテラン刑事は、かつてそう唇をかんだ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mori13.blog117.fc2.com/tb.php/1503-0c9eac64
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

森功

Author:森功
福岡県出身のノンフィクションライター。08年「ヤメ検」09年「同和と銀行」(ともに月刊現代)の両記事で2年連続「雑誌ジャーナリズム賞作品賞」受賞。主な著作は「サラリーマン政商」(講談社)、「黒い看護婦」「ヤメ検」(ともに新潮文庫)、「許永中」「同和と銀行」(講談+α文庫)、「血税空港」「腐った翼」(幻冬舎)、「泥のカネ」(文藝春秋社)、「狡猾の人――防衛省を食い物にした小物高級官僚の大罪」(幻冬舎)、「なぜ院長は『逃亡犯』にされたのか――見捨てられた原発直下『双葉病院』恐怖の7日間」、「大阪府警暴力団刑事『祝井十吾』の事件簿」(講談社)、「平成経済事件の怪物たち」(文春新書)、「紛争解決人 世界の果てでテロリストと闘う」(幻冬舎)、「現代日本9の暗闇」(廣済堂出版)、「日本を壊す政商 パソナ南部靖之の政・官・芸能人脈」(文藝春秋)、「総理の影 菅義偉の正体」(小学館)など。最新刊は「日本の暗黒事件」(新潮新書)

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する