2017-08

韓国朴大統領を批判する日本の政治家も

 産経新聞ソウル支局長の在宅起訴にはさすがに呆れました。ネタ元の朝鮮日報はお咎めなし、恐れ入ってしまっているのか事実関係を淡々と報じているけど、本来なら毅然と構えて朴大統領や韓国検察の批判をすべきではないでしょうか。そのあたりも含めてどうにかしています。
 この件については、日本政府も抗議をしています。それは当たり前でしょう。が、翻って政治家個人のレベルで見れば、朴大統領と五十歩百歩の国会議員は大勢います。選良という表現はもはや死語。ちょっとスキャンダルを書かれると、すぐに名誉棄損で提訴、ほとぼりが冷めると取り下げたり……。かつて竹下登さんは、メディアからの批判に対し、絶対に法的手段は使わないという方針を貫きました。やはりそこは立派でした。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mori13.blog117.fc2.com/tb.php/1627-4fd2d745
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

森功

Author:森功
福岡県出身のノンフィクションライター。08年「ヤメ検」09年「同和と銀行」(ともに月刊現代)の両記事で2年連続「雑誌ジャーナリズム賞作品賞」受賞。主な著作は「サラリーマン政商」(講談社)、「黒い看護婦」「ヤメ検」(ともに新潮文庫)、「許永中」「同和と銀行」(講談+α文庫)、「血税空港」「腐った翼」(幻冬舎)、「泥のカネ」(文藝春秋社)、「狡猾の人――防衛省を食い物にした小物高級官僚の大罪」(幻冬舎)、「なぜ院長は『逃亡犯』にされたのか――見捨てられた原発直下『双葉病院』恐怖の7日間」、「大阪府警暴力団刑事『祝井十吾』の事件簿」(講談社)、「平成経済事件の怪物たち」(文春新書)、「紛争解決人 世界の果てでテロリストと闘う」(幻冬舎)、「現代日本9の暗闇」(廣済堂出版)、「日本を壊す政商 パソナ南部靖之の政・官・芸能人脈」(文藝春秋)、「総理の影 菅義偉の正体」(小学館)など。最新刊は「日本の暗黒事件」(新潮新書)

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する