2017-10

安倍首相「人道支援」の勘違い

 イスラム国による日本人人質殺害について安倍首相が「罪を償わせる」と怒りをぶちまけています。怒りは誰もが感じているでしょうけど、なにより政府は事件の顛末を踏まえ、問題を検証するとも発表しました。問題の一つは、ここへ来て新聞も書き始めている「イスラム国と闘う周辺国を支援する」という演説です。
 言うまでもなく人道支援は、難民などが生きるためのバックアップ。従って敵味方の区別なく支援するのが原則ですが、その実、金銭支援を受けた国は難民対策費が浮くためそれを軍事費に回すこともできる。だから、どう使われているかチェックする必要があるのです。が、実際はできてない。
 なにより今回のように、支援の対象者イスラム国と闘う国だと言ってしまえば、敵だとみなされるのは当たり前でしょう。安倍さんは、人道支援の本質を勘違いしているのではないでしょうか。勘違いはまだまだありますが……。
スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

あなたみたいな人間がいるからいつまでも日本はまとまらない。総理を選んだのはまぎれもなく国民です。間接ではありますが。このような記事はイスラム国を喜ばせるだけです。

日本がまとまる?だれがまとめるんだ。人道支援とやらも今回の事件が起きなかったら国民は知らなかったかもしれない。総理をえらんだのは国民だという馬鹿の一つおぼえのような意見はやめろ。だいたい安部は、「イスラム国に強く抗議」するとかいって子供の口げんかの域を出ていない。他国に支援する前に、自国の内情をみればそんなこと言ってられないだろう。ばかばかしくてこんな国に税金など払う気になれん。

愛国者さん

誤解しているようですが、総理を選んだのは自民党ですよ?
自民党を選んだのは有権者の25%の人々であって、その中のまた半分程度が安倍さんを支持したに過ぎないのです。
ばらばらをまとめることは大事ですが、まずは色んな意見を救い上げる姿勢を見せることが必用ではないですか?時間を掛けて議論をして、相手が納得するのを待つ。納得しないなら、結論は急がないという粘り強さと懐の広さがトップには必用じゃないですかね?
安倍さんはそれが欠けているから批判されるのであって、国民をまとめられないのは御私人の責任であると思いますが。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mori13.blog117.fc2.com/tb.php/1685-6cb8d99f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

森功

Author:森功
福岡県出身のノンフィクションライター。08年「ヤメ検」09年「同和と銀行」(ともに月刊現代)の両記事で2年連続「雑誌ジャーナリズム賞作品賞」受賞。主な著作は「サラリーマン政商」(講談社)、「黒い看護婦」「ヤメ検」(ともに新潮文庫)、「許永中」「同和と銀行」(講談+α文庫)、「血税空港」「腐った翼」(幻冬舎)、「泥のカネ」(文藝春秋社)、「狡猾の人――防衛省を食い物にした小物高級官僚の大罪」(幻冬舎)、「なぜ院長は『逃亡犯』にされたのか――見捨てられた原発直下『双葉病院』恐怖の7日間」、「大阪府警暴力団刑事『祝井十吾』の事件簿」(講談社)、「平成経済事件の怪物たち」(文春新書)、「紛争解決人 世界の果てでテロリストと闘う」(幻冬舎)、「現代日本9の暗闇」(廣済堂出版)、「日本を壊す政商 パソナ南部靖之の政・官・芸能人脈」(文藝春秋)、「総理の影 菅義偉の正体」(小学館)など。最新刊は「日本の暗黒事件」(新潮新書)

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する