2017-08

清原覚醒剤ネットワークの意外な広がり

 もうウンザリという方もいらっしゃるでしょうけど、まだまだ注目度は高いようです。最近の清原和博に覚醒剤を提供していた売人として、群馬県の小林和之なる人物が逮捕されました。驚いたことに清原は小林の自宅にまで何度か遊びに行っていたほどの間柄だといいますから、相当な入れ込みようです。その小林を清原に紹介した人物として、話題になっているのが、T.Wという実業家。競馬の予想会社で大儲けし、一頃はジャイアンツ選手を引き連れ、六本木や銀座で豪遊していました。例のフラッシュに登場した人。
 事情通によれば、実はTはかつて車庫飛ばしで事件化したMと入魂だとか。小林自身と親しいヤクザは山口組系ではないようですが、覚醒剤ルートは暴力団組織の垣根を越えて蔓延っていますから、もっともっとネットワークのすそ野は広そうです。もっとも捜査状況を見ると、あまりやる気を感じませんので、どこまで摘発できるかは疑問ですが……。
スポンサーサイト

コメント

森先生、是非今度は「有名人とタニマチ」と言う書籍を出してください。

もしくは週刊誌の連載でタニマチ話をお願します。そういったタッチの実話作品を読みたいです。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mori13.blog117.fc2.com/tb.php/1859-4a422e5f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

森功

Author:森功
福岡県出身のノンフィクションライター。08年「ヤメ検」09年「同和と銀行」(ともに月刊現代)の両記事で2年連続「雑誌ジャーナリズム賞作品賞」受賞。主な著作は「サラリーマン政商」(講談社)、「黒い看護婦」「ヤメ検」(ともに新潮文庫)、「許永中」「同和と銀行」(講談+α文庫)、「血税空港」「腐った翼」(幻冬舎)、「泥のカネ」(文藝春秋社)、「狡猾の人――防衛省を食い物にした小物高級官僚の大罪」(幻冬舎)、「なぜ院長は『逃亡犯』にされたのか――見捨てられた原発直下『双葉病院』恐怖の7日間」、「大阪府警暴力団刑事『祝井十吾』の事件簿」(講談社)、「平成経済事件の怪物たち」(文春新書)、「紛争解決人 世界の果てでテロリストと闘う」(幻冬舎)、「現代日本9の暗闇」(廣済堂出版)、「日本を壊す政商 パソナ南部靖之の政・官・芸能人脈」(文藝春秋)、「総理の影 菅義偉の正体」(小学館)など。最新刊は「日本の暗黒事件」(新潮新書)

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する