2017-10

新潮「山尾志桜里」の政治とカネで戦々恐々の議員

 週刊文春に続けとばかりに週刊新潮が特ダネを連発し、いい感じになってきました。ちょうど山尾志桜里さんが保育園問題で目立ち、民進党の政調会長ポストに就いた矢先だけに、タイミングもよかった。山尾さん、実はパソナ仁風林の常連でもありました。ガソリン代が地球5周分、しかもプリペイドカードを使った悪質性もあり、いくら秘書のせいにしてもかなり苦しい気もします。
 ただ、このガソリン代については、日刊ゲンダイが安倍首相は地球13周分、と報じており、他にもいろいろ出てきそうな雲行き。裏金づくりの手法として、以前は切手代などが重宝されていましたけど、いまはガソリン代なのでしょうか。調べていくと、もっといろんな先生方が出てくるように思いますが。
スポンサーサイト

コメント

全員 東京地検特捜部の捜査を受けるべし

 安倍首相は外遊ばかりしていたから,かなり怪しい。菅官房長官も地球を何周かしたみたいである。
 ガソリン代が10万円を越えた議員は全員,捜査され,告訴されるべきである。
菅議員であれ,山尾議員であれ,安倍議員であれ,高市議員であれ,パンツ泥棒議員であれ,ドリル議員であれ,全員,起訴されるべきである。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

>山尾さん、実はパソナ仁風林の常連でもありました

 南部政商の本で知りましたが、任風林政商政治家って自民、公明、民進、おおさか維新相当数居られるのでしょうか。
移民推進議員は殆どではないのかと思わずにはいられません。

シャブ&飛鳥事件以来、竹中南部コンビはメディアに甘利露出しなくなりました(あぁ田原の朝生は出てた)。
彼等の思惑通りに政策が進んでいる為にもう露出できないのでしょうか。

そもそも派遣業種を強欲拡大しなくても、派遣は元に戻してインフレーションにしていけばいいと思うけど、そんなこと書いても彼等の頭には通用しませんね。
 失礼しました。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mori13.blog117.fc2.com/tb.php/1883-7f901c5f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

森功

Author:森功
福岡県出身のノンフィクションライター。08年「ヤメ検」09年「同和と銀行」(ともに月刊現代)の両記事で2年連続「雑誌ジャーナリズム賞作品賞」受賞。主な著作は「サラリーマン政商」(講談社)、「黒い看護婦」「ヤメ検」(ともに新潮文庫)、「許永中」「同和と銀行」(講談+α文庫)、「血税空港」「腐った翼」(幻冬舎)、「泥のカネ」(文藝春秋社)、「狡猾の人――防衛省を食い物にした小物高級官僚の大罪」(幻冬舎)、「なぜ院長は『逃亡犯』にされたのか――見捨てられた原発直下『双葉病院』恐怖の7日間」、「大阪府警暴力団刑事『祝井十吾』の事件簿」(講談社)、「平成経済事件の怪物たち」(文春新書)、「紛争解決人 世界の果てでテロリストと闘う」(幻冬舎)、「現代日本9の暗闇」(廣済堂出版)、「日本を壊す政商 パソナ南部靖之の政・官・芸能人脈」(文藝春秋)、「総理の影 菅義偉の正体」(小学館)など。最新刊は「日本の暗黒事件」(新潮新書)

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する