2017-10

都知事選スタート「舛添問題」の捉え方

 いよいよ東京都知事選が告示されました。選挙戦が正式にスタートしたのでメディアもこれまでのように自由に報道できなくなり、窮屈でにはなるでしょうけど、やり方はあると思います。今回の都知事選で候補者に政策や方針を尋ねるとき、必ず出てくるのが「舛添さんの政治とカネ問題の決着についてどう思うか」という質問。議会や第三者委員会などでたいてい「徹底的に明らかにしていく」と候補者は答えますが、なかでもこの度、出馬を断念した宇都宮さんの答えがよかった。政治とカネ問題は舛添さんだけの話ではなく、石原さん、猪瀬さんと続いてきた、そこにメスを入れなければ……。
 なるほどそれは正論。議論が舛添さんに矮小されていますが、過去の問題はまったく明らかになっていません。本当に皆さんに「やる気」や「調査手法」があるかといえば、言いっぱなしに終わる可能性大でしょうが、基本姿勢として単なるパフォーマンスかどうか、その違いの濃淡けっこうあるとと思います。
スポンサーサイト

コメント

舛添が家族旅行をした、千葉のホテル三日月て、世間の視点から言えば、リーズナブルなお値段の大衆向けホテルの位置づけなんだが、それさえも身銭切るのが惜しい人の感覚が分からん。収入は消費する事に喜びがあり、貯蓄のためだけではないつまらない。ケチて最終的に大元で損をするようにできている事を舛添も学ばなけれないけない。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mori13.blog117.fc2.com/tb.php/1933-aa2e5975
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

森功

Author:森功
福岡県出身のノンフィクションライター。08年「ヤメ検」09年「同和と銀行」(ともに月刊現代)の両記事で2年連続「雑誌ジャーナリズム賞作品賞」受賞。主な著作は「サラリーマン政商」(講談社)、「黒い看護婦」「ヤメ検」(ともに新潮文庫)、「許永中」「同和と銀行」(講談+α文庫)、「血税空港」「腐った翼」(幻冬舎)、「泥のカネ」(文藝春秋社)、「狡猾の人――防衛省を食い物にした小物高級官僚の大罪」(幻冬舎)、「なぜ院長は『逃亡犯』にされたのか――見捨てられた原発直下『双葉病院』恐怖の7日間」、「大阪府警暴力団刑事『祝井十吾』の事件簿」(講談社)、「平成経済事件の怪物たち」(文春新書)、「紛争解決人 世界の果てでテロリストと闘う」(幻冬舎)、「現代日本9の暗闇」(廣済堂出版)、「日本を壊す政商 パソナ南部靖之の政・官・芸能人脈」(文藝春秋)、「総理の影 菅義偉の正体」(小学館)など。最新刊は「日本の暗黒事件」(新潮新書)

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する