2017-10

地面師詐欺「闇の住人たち」続編

 先週号の週刊現代で書いた地面師詐欺事件の記事がけっこうな反響で、他の被害者や地面師をよく知っているという怪しげな人たちから連絡をいただきました。地面師詐欺は相当な広がりを見せているようで、今日聞いた話では、関西にも出没しているとか。
 成り済ましの手口はさまざま。大きく分けると、書類や実印の偽造技術で勝負するテクニック犯、さらに偽物を本物に見せかけるために巧みなストーリーを駆使して演技する劇場型があるようで、どちらも複数の地面師が登場してあての手この手を展開しているようですが、彼らの弱みは銀行口座を持てないこと。そのために協力する、あるいは協力させる司法書士や弁護士が必要なのだとか。警視庁は登場人物の10人前後を特定して捜査を展開しているそうで、早ければ来年早々にも大掛かりな捕り物があるかも。
スポンサーサイト

コメント

商業的に難しい分野かと存じますが、新橋地面師事件、天理市のメガソーラー談合疑惑、大阪府堺市の男児行方不明事件等、どれも一冊の本になるはずの奥行きのある事件かと思います。
これからもご活躍期待しています。

地面師特集、是非単行本化して欲しいです。
地面師だけではページが足りないようでしたら、かつての末野社長や塩田社長などの話を混ぜて不動産経営者伝~のような本を期待しております。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mori13.blog117.fc2.com/tb.php/2001-6539c628
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

森功

Author:森功
福岡県出身のノンフィクションライター。08年「ヤメ検」09年「同和と銀行」(ともに月刊現代)の両記事で2年連続「雑誌ジャーナリズム賞作品賞」受賞。主な著作は「サラリーマン政商」(講談社)、「黒い看護婦」「ヤメ検」(ともに新潮文庫)、「許永中」「同和と銀行」(講談+α文庫)、「血税空港」「腐った翼」(幻冬舎)、「泥のカネ」(文藝春秋社)、「狡猾の人――防衛省を食い物にした小物高級官僚の大罪」(幻冬舎)、「なぜ院長は『逃亡犯』にされたのか――見捨てられた原発直下『双葉病院』恐怖の7日間」、「大阪府警暴力団刑事『祝井十吾』の事件簿」(講談社)、「平成経済事件の怪物たち」(文春新書)、「紛争解決人 世界の果てでテロリストと闘う」(幻冬舎)、「現代日本9の暗闇」(廣済堂出版)、「日本を壊す政商 パソナ南部靖之の政・官・芸能人脈」(文藝春秋)、「総理の影 菅義偉の正体」(小学館)など。最新刊は「日本の暗黒事件」(新潮新書)

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する