2017-11

首相そっくり国家戦略特区民間議員の言い分

 昨日、国家戦略特区での獣医学部新設の決定に関わった諮問会議の民間議員たちが、前川喜平前文科省事務次官に反論する形で記者会見を開きました。メンバーは大阪大学の八田達夫名誉教授や竹中平蔵東洋大学教授をはじめ、特区に指定されている福岡市など6つの地方自治体の首長たちなので、さもありなんといえば、それまでですが。
 前川さんの「行政がゆがめられた」発言に対し、竹中さんなどは「ゆがめたのは文科省、われわれはそれをただした」「今回の決定プロセスに1点の曇りもない」とも言っていました。が、見ていると、安倍さんそっくり。というより彼らからの受け売りを、常日頃、安倍さんが使っているので当たり前かもしれませんが、何も根拠を示さず、「いっさいかかわっていない」「ご指摘はあたらない」といっているだけ。前川さんと比べどちらが説得力があるか、自明なのでは。
スポンサーサイト

コメント

首相そっくり国家戦略を読んで

「なんの根拠も示さず」と書いてあるが、どうやって根拠を示すのか教えて欲しい。首相と仲がよいから不法行為が行われていたろうでは、そうではないということをどう証明するのか?近代法が推定無罪が原則なのもそうでなかったら陰謀論で瑕疵が決まってしまうからである。公人であるから一般人に比べれば説明責任が求められるのは当然だが、いくらなんでも節度が必要だろう。叩ける雰囲気だからなんでもありでは浅ましい限りである。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mori13.blog117.fc2.com/tb.php/2110-e67a75c2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

森功

Author:森功
福岡県出身のノンフィクションライター。08年「ヤメ検」09年「同和と銀行」(ともに月刊現代)の両記事で2年連続「雑誌ジャーナリズム賞作品賞」受賞。主な著作は「サラリーマン政商」(講談社)、「黒い看護婦」「ヤメ検」(ともに新潮文庫)、「許永中」「同和と銀行」(講談+α文庫)、「血税空港」「腐った翼」(幻冬舎)、「泥のカネ」(文藝春秋社)、「狡猾の人――防衛省を食い物にした小物高級官僚の大罪」(幻冬舎)、「なぜ院長は『逃亡犯』にされたのか――見捨てられた原発直下『双葉病院』恐怖の7日間」、「大阪府警暴力団刑事『祝井十吾』の事件簿」(講談社)、「平成経済事件の怪物たち」(文春新書)、「紛争解決人 世界の果てでテロリストと闘う」(幻冬舎)、「現代日本9の暗闇」(廣済堂出版)、「日本を壊す政商 パソナ南部靖之の政・官・芸能人脈」(文藝春秋)、「総理の影 菅義偉の正体」(小学館)、「日本の暗黒事件」(新潮新書)など。最新刊は「高倉健 七つの顔を隠し続けた男」(講談社)

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する