2017-10

小池新党は安倍政権の受け皿になるか

 時事通信の3割切れをはじめ、内閣に対する各社の支持率が軒並み急落して安倍政権が危機的な状況にあるといいます。政権の受け皿がみあたらないことが安倍さんにとって唯一の救いとなっていますが、そこで年内にも立ち上がりそうな小池新党の存在をいう人もいます。小池新党は、大阪維新の会が日本維新の会を立ち上げたときと似ているようで、そうでもないような。小池さん自身、ひといちばい権力欲の強い人に見受けられる反面、何がしたいのかよくわからない。これまでのところ、単なる目立ちたがり屋のような感じがしなくもありませんし、過去は権力にすり寄って頼ってきただけのような気もします。
 ちょっと抽象的な話になって恐縮ですが、結論的には小池新党が国政を担う受け皿になるのは?ではないでしょうか。石破さんや岸田さんも今一つだし、こうなると民進党の優秀な人が飛び出し、新しい政党をつくる以外にないようにも思います。そこに石破さんたちが乗っかれば面白いようにも感じますが、やはり妄想でしょうか。
スポンサーサイト

コメント

残念ですが、妄想だと思います

ポスト安倍は自民党外から出る、小池さんには国政政党を率いる力も金もないだろう石破さんも自民にいては総理の目がないという見立ては正しいと思いますが、

「受け皿」は何度言われても失敗していました。そもそも民主党もその役割があったわけですし。

今目指す野党共闘も、民進党の右派を叩き出す形なので、結局小池新党も自民に戻り、受け皿になる政党は出てこないと見ています。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mori13.blog117.fc2.com/tb.php/2117-735e3623
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

森功

Author:森功
福岡県出身のノンフィクションライター。08年「ヤメ検」09年「同和と銀行」(ともに月刊現代)の両記事で2年連続「雑誌ジャーナリズム賞作品賞」受賞。主な著作は「サラリーマン政商」(講談社)、「黒い看護婦」「ヤメ検」(ともに新潮文庫)、「許永中」「同和と銀行」(講談+α文庫)、「血税空港」「腐った翼」(幻冬舎)、「泥のカネ」(文藝春秋社)、「狡猾の人――防衛省を食い物にした小物高級官僚の大罪」(幻冬舎)、「なぜ院長は『逃亡犯』にされたのか――見捨てられた原発直下『双葉病院』恐怖の7日間」、「大阪府警暴力団刑事『祝井十吾』の事件簿」(講談社)、「平成経済事件の怪物たち」(文春新書)、「紛争解決人 世界の果てでテロリストと闘う」(幻冬舎)、「現代日本9の暗闇」(廣済堂出版)、「日本を壊す政商 パソナ南部靖之の政・官・芸能人脈」(文藝春秋)、「総理の影 菅義偉の正体」(小学館)など。最新刊は「日本の暗黒事件」(新潮新書)

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する