2017-10

希望の党「公認」めぐる駆け引き

 民進党から移ったばかりの希望の党の細野さんが、衆院選の民進党議員に対する公認についてあれこれ注文をつけています。保守改革派が条件とか、昨日打ち出した「三権の長経験者は公認しない」という方針が話題ですが、希望の党は民進党の政党助成金で選挙を戦うわけだから、概ね合流するのは当然でしょう。
 あれこれ言う理由の一つは、主導権争いと希望の党が民進党を丸呑みしたわけではないというイメージづくりでしょうが、公認しなくとも選挙後に合流する手もあるし、さしたる問題でもない話。公示まで10日以上あるので、街宣ポスターをどうするか、制作についても、まだ余裕があるでしょう。
 いろんな駆け引きが始まったばかり。希望の党にとって最大のポイントは森友・加計問題を争点にどうクローズアップできるか、でしょうから、そこはやはり外せませんけど。
スポンサーサイト

コメント

モリカケが消え「緑のたぬき」が、前原という「赤いきつね」を公認という餌でつる

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mori13.blog117.fc2.com/tb.php/2157-08978f5c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

森功

Author:森功
福岡県出身のノンフィクションライター。08年「ヤメ検」09年「同和と銀行」(ともに月刊現代)の両記事で2年連続「雑誌ジャーナリズム賞作品賞」受賞。主な著作は「サラリーマン政商」(講談社)、「黒い看護婦」「ヤメ検」(ともに新潮文庫)、「許永中」「同和と銀行」(講談+α文庫)、「血税空港」「腐った翼」(幻冬舎)、「泥のカネ」(文藝春秋社)、「狡猾の人――防衛省を食い物にした小物高級官僚の大罪」(幻冬舎)、「なぜ院長は『逃亡犯』にされたのか――見捨てられた原発直下『双葉病院』恐怖の7日間」、「大阪府警暴力団刑事『祝井十吾』の事件簿」(講談社)、「平成経済事件の怪物たち」(文春新書)、「紛争解決人 世界の果てでテロリストと闘う」(幻冬舎)、「現代日本9の暗闇」(廣済堂出版)、「日本を壊す政商 パソナ南部靖之の政・官・芸能人脈」(文藝春秋)、「総理の影 菅義偉の正体」(小学館)など。最新刊は「日本の暗黒事件」(新潮新書)

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する