2017-10

自民288希望に起死回生の手はあるか

 与党で300超え、自民単独過半数――。選挙戦の序盤は、どの新聞も自公の圧勝ムードを伝えています。共同などは自民288議席と公示前の285を上回るという数字を出し、自民は引き締めのため、逆に240程度という控えめな予測を立てているそうです。今のところ、希望の党の体たらくでこの数字になっているのでしょうけど、あと10日余り、この先の変化はあるでしょうか。
 メディアもここへきて、希望の小池百合子批判に傾いているので、どうもこの流れを変えるのは難しいようにも感じます。ただ、この数字だと2014年の衆院選以上に自公が勝つことになるので、安倍さんの信任選挙で、さすがにそこまではないようにも思います。安倍批判票をどこまで掘り起こせるか、当たり前のことですが、野党にとってはそこが分かれ目。小池さんの化けの皮がはがれてしまったいま、希望に期待はできないでしょうけど。
スポンサーサイト

コメント

小池さんのリベラル排除戦略は一体何だったんだろうかと思います。
対自民に特化した政権交代というなら、民進党の人たち全て飲み込むのが普通でしょうし。

それとも自民と連立を組む前提であのような戦略を取ったんでしょうか。
小池さんと自民との水面下での交渉事もたくさんあったんでしょうし、どこかで物別れに終わったんですかね

安倍首相の第一声

安倍首相の福島での第一声は、インチキです。
街頭演説という名目ながら、部外者は立ち入り禁止になりました。
ヤジを怖れたのです。福島在住の私でさえ、「私有地なので入らないでください」と言われました。
この事実を報じたのは、私の知る限り、安倍首相の機関紙と言われる産経系列のサンスポだけ。一般紙はスルー。
わけが分かりません。

安倍首相の第一声

安倍首相の福島での第一声は、インチキです。
街頭演説という名目ながら、部外者は立ち入り禁止になりました。
ヤジを怖れたのです。福島在住の私でさえ、「私有地なので入らないでください」と言われました。
この事実を報じたのは、私の知る限り、安倍首相の機関紙と言われる産経系列のサンスポだけ。一般紙はスルー。
わけが分かりません。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mori13.blog117.fc2.com/tb.php/2163-836cea22
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

森功

Author:森功
福岡県出身のノンフィクションライター。08年「ヤメ検」09年「同和と銀行」(ともに月刊現代)の両記事で2年連続「雑誌ジャーナリズム賞作品賞」受賞。主な著作は「サラリーマン政商」(講談社)、「黒い看護婦」「ヤメ検」(ともに新潮文庫)、「許永中」「同和と銀行」(講談+α文庫)、「血税空港」「腐った翼」(幻冬舎)、「泥のカネ」(文藝春秋社)、「狡猾の人――防衛省を食い物にした小物高級官僚の大罪」(幻冬舎)、「なぜ院長は『逃亡犯』にされたのか――見捨てられた原発直下『双葉病院』恐怖の7日間」、「大阪府警暴力団刑事『祝井十吾』の事件簿」(講談社)、「平成経済事件の怪物たち」(文春新書)、「紛争解決人 世界の果てでテロリストと闘う」(幻冬舎)、「現代日本9の暗闇」(廣済堂出版)、「日本を壊す政商 パソナ南部靖之の政・官・芸能人脈」(文藝春秋)、「総理の影 菅義偉の正体」(小学館)など。最新刊は「日本の暗黒事件」(新潮新書)

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する