2017-08

防衛省公判「不可解な」証言

 防衛省事件の公判が奇妙な展開を見せています。
 焦点の次期輸送機CXエンジンの選定について、初公判では概ね罪を認めると話していた守屋さん。前回の公判ではなぜか「山田洋行など特定業者に便宜を図ったことはない」と起訴事実を否認していました。で、昨日の公判では、「前回は言い過ぎた。間違いだった。高級官僚である私の意向を話すだけで、宮崎被告の営業活動に有利になり、便宜に当たると認識している」と撤回。まさに、供述が二転三転しているのです。
 なぜこんな事態になっているのか、というと、検察側と弁護側の馴れ合いが引き起こした結果ではないかと思うのです。つまり、守屋さんとしては収賄や請託を認めたくないと意識が働いている。しかし、罪を認めたら刑ががるくなると諭されしぶしぶ認めたように感じます。だからこそ、供述が揺れているのではないでしょうか。
 今回、改めて罪を認める結果になったのは、弁護側からの質問に答える格好でした。本来、検察ではなく、弁護側が罪を認めさせるというのも変です。証言は打ち合わせした上すから。ちなみに弁護士はヤメ検の山田宰さんです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mori13.blog117.fc2.com/tb.php/237-b0dc3f1f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

森功

Author:森功
福岡県出身のノンフィクションライター。08年「ヤメ検」09年「同和と銀行」(ともに月刊現代)の両記事で2年連続「雑誌ジャーナリズム賞作品賞」受賞。主な著作は「サラリーマン政商」(講談社)、「黒い看護婦」「ヤメ検」(ともに新潮文庫)、「許永中」「同和と銀行」(講談+α文庫)、「血税空港」「腐った翼」(幻冬舎)、「泥のカネ」(文藝春秋社)、「狡猾の人――防衛省を食い物にした小物高級官僚の大罪」(幻冬舎)、「なぜ院長は『逃亡犯』にされたのか――見捨てられた原発直下『双葉病院』恐怖の7日間」、「大阪府警暴力団刑事『祝井十吾』の事件簿」(講談社)、「平成経済事件の怪物たち」(文春新書)、「紛争解決人 世界の果てでテロリストと闘う」(幻冬舎)、「現代日本9の暗闇」(廣済堂出版)、「日本を壊す政商 パソナ南部靖之の政・官・芸能人脈」(文藝春秋)、「総理の影 菅義偉の正体」(小学館)など。最新刊は「日本の暗黒事件」(新潮新書)

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する