2017-10

さすが「毎日新聞」

 昨日、フラーデーのスクープ写真について触れましたけど、その続きです。ご存じ、みずほコーポレート銀行頭取とテレビ東京の記者とのデート現場をすっぱ抜いた久方ぶりのヒット。これについて、一般紙では毎日新聞だけが後追い報道していました。
 日ごろお高くとまっている新聞はこの手の報道はなかなかしません。しかし、これはは単なるゴシップではありません。みずほトップの問題であり、ご自身の影響が大きいのは言うまでもありませんが、それ以外にもいろんなことを考えさせられます。たとえばメディアそものの取材姿勢。昨今の新聞やテレビは、美人女性記者を捜査当局や官庁の幹部に貼りつかせている。女性記者だから便宜を図る取材先も少なくないと聞きます。それはある種、武器ですからいいのですが、取材対象者と記者の関係としてどこまで許されるのか、この記事はそういう問題を考えさせれれる、というのは大袈裟でしょうか。
 そういう意味も含め、毎日新聞はこれをよくぞとりあげた、といいたい。その意図は別のところにあるのかもしれませんけどね。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mori13.blog117.fc2.com/tb.php/263-66b3e4ff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

森功

Author:森功
福岡県出身のノンフィクションライター。08年「ヤメ検」09年「同和と銀行」(ともに月刊現代)の両記事で2年連続「雑誌ジャーナリズム賞作品賞」受賞。主な著作は「サラリーマン政商」(講談社)、「黒い看護婦」「ヤメ検」(ともに新潮文庫)、「許永中」「同和と銀行」(講談+α文庫)、「血税空港」「腐った翼」(幻冬舎)、「泥のカネ」(文藝春秋社)、「狡猾の人――防衛省を食い物にした小物高級官僚の大罪」(幻冬舎)、「なぜ院長は『逃亡犯』にされたのか――見捨てられた原発直下『双葉病院』恐怖の7日間」、「大阪府警暴力団刑事『祝井十吾』の事件簿」(講談社)、「平成経済事件の怪物たち」(文春新書)、「紛争解決人 世界の果てでテロリストと闘う」(幻冬舎)、「現代日本9の暗闇」(廣済堂出版)、「日本を壊す政商 パソナ南部靖之の政・官・芸能人脈」(文藝春秋)、「総理の影 菅義偉の正体」(小学館)など。最新刊は「日本の暗黒事件」(新潮新書)

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する