2017-10

オリックスとジャーナリスト

 昨日、テレ朝のサンデープロジェクトで亀井静香VS竹中平蔵対談をやっていたのでつい見てしまいました。論戦はオリックスと郵政のかんぽの宿問題を中心にし、竹中さんの規制改革自己弁護に対して亀井節が炸裂。途中まではなかなかおもしろかったのですけど、竹中さんの形勢不利と見るや、例によって司会者ファミリーが助け船を出すという展開になってしまいました。
 もちろんこうしたサンプロファミリーのあり様には、さもありなん、と思わせるフシが多々あります。田原さんが宮内義彦さんとの共著で郵政民営化を持ち上げていたことは有名ですけど、かつて(ひょっとすると今も?)財部さんなどはオリックスの会社パンフに堂々と登場し、これ企業PRに務めていましたから……。やれやれです。
 
スポンサーサイト

コメント

日本国民を食い殺す国賊小泉竹中西川宮内らを退治しましょう。

いんちき入札と犯罪談合によって日本国民の財産を食いつくしている小泉竹中西川宮内らは、外国のハゲタカやくざの手先でありまさに国賊そのものだ。やつらはまんまと国民をだまして利用したあげく、国民の財産をそっくりふところに横領して国会の要請にも逆らって逃亡している。韓国ですら、自国を外国に売り渡した売国奴・国賊は子孫の代になっても決して許さない。ところが、国賊小泉らは子孫にまで凶悪犯罪を犯させててめえだけ議席を独占しているのだ。先祖代々やくざが犯罪権力をふるうこんな日本政府を滅ぼさなければならない。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mori13.blog117.fc2.com/tb.php/439-a86e05db
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

森功

Author:森功
福岡県出身のノンフィクションライター。08年「ヤメ検」09年「同和と銀行」(ともに月刊現代)の両記事で2年連続「雑誌ジャーナリズム賞作品賞」受賞。主な著作は「サラリーマン政商」(講談社)、「黒い看護婦」「ヤメ検」(ともに新潮文庫)、「許永中」「同和と銀行」(講談+α文庫)、「血税空港」「腐った翼」(幻冬舎)、「泥のカネ」(文藝春秋社)、「狡猾の人――防衛省を食い物にした小物高級官僚の大罪」(幻冬舎)、「なぜ院長は『逃亡犯』にされたのか――見捨てられた原発直下『双葉病院』恐怖の7日間」、「大阪府警暴力団刑事『祝井十吾』の事件簿」(講談社)、「平成経済事件の怪物たち」(文春新書)、「紛争解決人 世界の果てでテロリストと闘う」(幻冬舎)、「現代日本9の暗闇」(廣済堂出版)、「日本を壊す政商 パソナ南部靖之の政・官・芸能人脈」(文藝春秋)、「総理の影 菅義偉の正体」(小学館)など。最新刊は「日本の暗黒事件」(新潮新書)

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する