2017-08

首長連合「橋下・東国原」決裂の裏事情

 全国自治体の首長連合構想をぶち上げてきた大阪の橋下知事らが宮崎の東国原知事との連携しないと三行半をつきつけました。単純にいえば、支持政党の違いということでしょうか。自民党よりのそのまま東に対し、橋下さんが同調。そこに民主党よりの横浜の中田宏市長らが待ったをかけたという構図なのでしょう。
 ある事情通によれば、その裏には、自民党の菅選対副委員長と中田市長との確執があるらしい。例の女性問題を週刊現代にすっぱ抜かれた中田さん。現代と訴訟中ですが、そのあたりで微妙な動きがあるとか。中田さんは自民にすり寄っている芸人とは相容れない様子です。
スポンサーサイト

コメント

麻生総理は、本当に自民党を壊してしまう。
指揮官が駄目なら、トコトン、組織は壊滅してしまう。
第2次大戦の大本営と同じだ。
状況が見通せていない。
世界を相手に、戦いを持続できるはずがない。

アメリカが、リーマンで、ノックダウンしている間に日本を正常に戻さないといけないだろう。

民主党も素晴らしいとはいえないが、
隠されてきた、国策捜査などが、露見することが期待できる。

ウルマ官房副長官の「自民党に捜査は及ばないんだ」という言葉を
重く受け止めないといけない。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mori13.blog117.fc2.com/tb.php/514-e71cf94e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

森功

Author:森功
福岡県出身のノンフィクションライター。08年「ヤメ検」09年「同和と銀行」(ともに月刊現代)の両記事で2年連続「雑誌ジャーナリズム賞作品賞」受賞。主な著作は「サラリーマン政商」(講談社)、「黒い看護婦」「ヤメ検」(ともに新潮文庫)、「許永中」「同和と銀行」(講談+α文庫)、「血税空港」「腐った翼」(幻冬舎)、「泥のカネ」(文藝春秋社)、「狡猾の人――防衛省を食い物にした小物高級官僚の大罪」(幻冬舎)、「なぜ院長は『逃亡犯』にされたのか――見捨てられた原発直下『双葉病院』恐怖の7日間」、「大阪府警暴力団刑事『祝井十吾』の事件簿」(講談社)、「平成経済事件の怪物たち」(文春新書)、「紛争解決人 世界の果てでテロリストと闘う」(幻冬舎)、「現代日本9の暗闇」(廣済堂出版)、「日本を壊す政商 パソナ南部靖之の政・官・芸能人脈」(文藝春秋)、「総理の影 菅義偉の正体」(小学館)など。最新刊は「日本の暗黒事件」(新潮新書)

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する