2017-08

新鮮味に欠ける「JAL」「空港」前原案

 新聞テレビが盛んに前原国交相の「羽田のハブ空港発言」やタスクフォースの「JAL再建策」を報じています。しかし、よくよく見ると、どちらもこれまで言われてきたこととあまり変わりません。たとえばハブ空港化についていえば、24時間化とか成田より可能性があるという程度で、当然と言えば当然の発言です。これに目立ちたがり屋の千葉県知事が噛みつくと、成田と共存していく、と腰砕けになってしまう。問題は羽田のハブ空港化というか、国際化を何が阻んでいるか、そこを改めないとどうしようもありません。
 JAL問題についても同じ。チーム前原の出してきた再建策はただひたすら銀行に資金繰りの要請をしているだけ。一昨年にもJALは銀行団にDES(融資債権の株式資本化)を要請したけど、それとどう違うのでしょうか。外部からの人材登用も今までやってきました。チーム前原は、これで本当にJALが再建できると考えているのでしょうか。今のところ、がっかりとしか言いようがありません。
スポンサーサイト

コメント

友人の娘

数年前、友人の娘がJALのスッチィーになった喜んでいましたが、今はどうしているのやら?「沈まぬ太陽」のアフリカ編を、その友人が担当していました(*^_^*)森田千葉知事といい、橋下大阪府知事といい、漫画みたいな人物ですね!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mori13.blog117.fc2.com/tb.php/571-c852ca02
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

森功

Author:森功
福岡県出身のノンフィクションライター。08年「ヤメ検」09年「同和と銀行」(ともに月刊現代)の両記事で2年連続「雑誌ジャーナリズム賞作品賞」受賞。主な著作は「サラリーマン政商」(講談社)、「黒い看護婦」「ヤメ検」(ともに新潮文庫)、「許永中」「同和と銀行」(講談+α文庫)、「血税空港」「腐った翼」(幻冬舎)、「泥のカネ」(文藝春秋社)、「狡猾の人――防衛省を食い物にした小物高級官僚の大罪」(幻冬舎)、「なぜ院長は『逃亡犯』にされたのか――見捨てられた原発直下『双葉病院』恐怖の7日間」、「大阪府警暴力団刑事『祝井十吾』の事件簿」(講談社)、「平成経済事件の怪物たち」(文春新書)、「紛争解決人 世界の果てでテロリストと闘う」(幻冬舎)、「現代日本9の暗闇」(廣済堂出版)、「日本を壊す政商 パソナ南部靖之の政・官・芸能人脈」(文藝春秋)、「総理の影 菅義偉の正体」(小学館)など。最新刊は「日本の暗黒事件」(新潮新書)

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する