2017-08

週刊現代「ジャーナリストの眼」は小沢一郎問題

 本日発売の週刊現代「ジャーナリストの眼」で小沢一郎民主党幹事長の検察審査会問題を書きました。

 黄金週間の直前、検察審査会が小沢一郎・民主党幹事長の起訴相当を決議した「政治とカネ」問題。
 既報の通り、起訴相当は検審で最も重い議決だ。「不起訴は間違い」との不起訴不当から踏み込んで、「起訴すべき案件だ」と捜査の不備を指摘している。
 通常なら検察は3カ月後、の再捜査の結果を検審に通知しなければならない。これについて、元来検察側は、起訴に足る証拠がないと不起訴にし、今さら新証拠の発掘も難しいから、また不起訴にする以外にない。諦めか、意図的かはわからないが、そんな声も聞く。だが、本当にそうだろうか。
 まず、なにより再捜査がどのようにおこなわれているのか。それが伝わってこないのは、いかにも寂しい。
 しかし、取材をしてみると、検察側はかなり熱心にやっている。仮出所した水谷建設の水谷功元会長をはじめ、かなり大がかりに再度関係者から事情を聴いている。おかげで過去、俎上に上ってきた嫌疑や、すでに公訴時効になっている出来事における政治とカネの関係が、浮き彫りになってきた。

 というような感じです。そもそも小沢事務所への裏献金は立件されているのではないでしょうか。そのあたりを間違えている人がいるように思います。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mori13.blog117.fc2.com/tb.php/719-186eb1ff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

森功

Author:森功
福岡県出身のノンフィクションライター。08年「ヤメ検」09年「同和と銀行」(ともに月刊現代)の両記事で2年連続「雑誌ジャーナリズム賞作品賞」受賞。主な著作は「サラリーマン政商」(講談社)、「黒い看護婦」「ヤメ検」(ともに新潮文庫)、「許永中」「同和と銀行」(講談+α文庫)、「血税空港」「腐った翼」(幻冬舎)、「泥のカネ」(文藝春秋社)、「狡猾の人――防衛省を食い物にした小物高級官僚の大罪」(幻冬舎)、「なぜ院長は『逃亡犯』にされたのか――見捨てられた原発直下『双葉病院』恐怖の7日間」、「大阪府警暴力団刑事『祝井十吾』の事件簿」(講談社)、「平成経済事件の怪物たち」(文春新書)、「紛争解決人 世界の果てでテロリストと闘う」(幻冬舎)、「現代日本9の暗闇」(廣済堂出版)、「日本を壊す政商 パソナ南部靖之の政・官・芸能人脈」(文藝春秋)、「総理の影 菅義偉の正体」(小学館)など。最新刊は「日本の暗黒事件」(新潮新書)

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する