2017-10

週刊文春「小沢第2回公判で新聞テレビの報じなかったこと」

 本日発売の週刊文春に小沢一郎裁判の傍聴記を掲載しています。

 政治とカネを巡る小沢一郎本人の第二回公判が開かれた。今回の注目は、隠し録音された取調べ状況の再生だ。初めて公開された元秘書石川知裕と特捜検事の生々しいやりとり。が、なぜか新聞テレビは肝心な部分を報じない。録音機を鞄に忍ばせ、検事を嵌めたつもりの元秘書。が、実は大きな墓穴を掘っていたのだ。

 というリード部分に続き、新たな裏金疑惑も書いています。詳細は記事をご覧になっていただきたいのですが、なぜ新聞やテレビの記者たちはこのようなことを書かないのでしょうか。気づいていないのか、それとも録音がこういうものだと思い込んで見落としてしまっているのか、なにやら暗示にかかっているかのような気もします。
スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

控訴棄却は判っている判決日に代理人が出席しなのは不審でなく、まして生田弁護士は香川県在住であり、この交通費・日当から寧ろ妥当と思われるが・・・

私をはじめ、他の人々はみな生田弁護士が現れなかったことや裁判への憤りでいっぱいだった。小川さんは、「生田弁護士は、これ以上裁判をすると殺されるのを知ってて、負けにしてくれたんだよ。」としきりに答えていた。

生田弁護士からは、どこかで妥協せず裁判を続けると殺される旨、言われたことがあるという。闇の組織の存在や、裁判所の実態を知り尽くしているからの言葉と思われた。
http://suihanmuzai.web.infoseek.co.jp/111016.jpg.html

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mori13.blog117.fc2.com/tb.php/990-e567f758
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

森功

Author:森功
福岡県出身のノンフィクションライター。08年「ヤメ検」09年「同和と銀行」(ともに月刊現代)の両記事で2年連続「雑誌ジャーナリズム賞作品賞」受賞。主な著作は「サラリーマン政商」(講談社)、「黒い看護婦」「ヤメ検」(ともに新潮文庫)、「許永中」「同和と銀行」(講談+α文庫)、「血税空港」「腐った翼」(幻冬舎)、「泥のカネ」(文藝春秋社)、「狡猾の人――防衛省を食い物にした小物高級官僚の大罪」(幻冬舎)、「なぜ院長は『逃亡犯』にされたのか――見捨てられた原発直下『双葉病院』恐怖の7日間」、「大阪府警暴力団刑事『祝井十吾』の事件簿」(講談社)、「平成経済事件の怪物たち」(文春新書)、「紛争解決人 世界の果てでテロリストと闘う」(幻冬舎)、「現代日本9の暗闇」(廣済堂出版)、「日本を壊す政商 パソナ南部靖之の政・官・芸能人脈」(文藝春秋)、「総理の影 菅義偉の正体」(小学館)など。最新刊は「日本の暗黒事件」(新潮新書)

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する